幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今シーズン初めてGEOXのブーツを履きました。
2008年末にルクセンブルクでセールに出会い
その時に一目惚れ。
旅の最初だったにも関わらず
即決した2足のうちの1足です。

もう1足はこちら。
GEOX(ジェオックス) 呼吸する踵小さめの歩きやすいパンプス

セールだったこともあり
当時のレート(1EUR=135JPY)で1万円ぐらいでした。

足長:37(イタリアサイズ。23.5cm相当)
ウィズ表記:USAサイズB(=M=Average)
ウェッジソール:4cm
型番:D83X6L
素材:筒=ナイロン、筒以外=レザー
インナー材質:フリース
ソール:ラバー
色:黒(写真は色違いの茶)

GEOX_D8X6L_37_1.jpg GEOX_D8X6L_37_2.jpg GEOX_D8X6L_37_3.jpg
GEOX_D8X6L_37_5.jpg GEOX_D8X6L_37_6.jpg GEOX_D8X6L_37_7.jpg
GEOX_D8X6L_37_4.jpg
画像はこちらからお借りしました。
GEOX D83X6L@Amazon UK

踵が抜けないので、歩きやすいです!

同時に購入したパンプスと
後から買い足したパンプスの
(「GEOX(ジェオックス) ベルトパンプスの詳細」)
サイズはいずれも36でしたが
ブーツは37にしました。

今思えば、甲高なのでブーツは36だと
窮屈に感じたのかもしれません。
パンプスと違って靴下を履くので
若干緩いかな?と思いますが
足が動いて困ることはありません。

以前の記事で
ブーツのファスナー刺さりませんか?
書きましたが
まさにこのブーツ、ファスナーが刺さります^^;

内倒れの酷い
左足のくるぶしの上5cm辺りが。

私のロングブーツは全部
見事にXO脚も反映しているので
それも影響しているのかも?

インナー素材がフリースなので
寒い所に行く時には重宝します(^^)
裏も滑りにくく溝が刻んであるので
安心です。

但し、雪深い所には向きません。
筒部分がナイロン素材なので。
雪深い所に行く時には
やはりゴアテックスとか、ゴムとかじゃないと
冷たい水分が浸み込んでしまいますからね。

カジュアルな服装にしか
合わせられないデザインだけれど
今シーズンもこのブーツ
活躍してくれそうです(^^)

2015/01/04追記
実験!?の結果、7cmぐらいの積雪では
浸み込むこともなく
滑ることも殆どなく
(濡れた石畳or石の上だけ要注意)
快適に過ごせました♪

関連記事
スポンサーサイト



【2014/12/07 21:56】 | GEOX(ジェオックス)
【タグ】 GEOX  ブーツ  イタリアサイズ  アメリカサイズ  
トラックバック(0) |
久し振りに履くGEOXのパンプス」で記事にした
パンプスの詳細を調べてみました。
GEOX(日本公式サイト)

足長:36(イタリアサイズ。23.0cm相当)
ウィズ表記:なし
実測靴底幅外寸:7.8cm。実測から換算するとJISウィズA以下?
トップライン甲の真ん中の高さ:2.9cm
ヒール高さ:5.5cm
つま先からトップライン甲の真ん中まで(甲の深さ):
 5.9cm(指の付け根がギリギリ隠れるくらい)
型番:D03S3V

GEOX_ベルト_1 GEOX_ベルト_2
GEOX_ベルト_3 GEOX_ベルト_4

※上の画像はのイタリア通販サイトよりお借りしました
※「靴底の外寸を測る理由」詳細をご参照ください。
  素人採寸なので誤差があると思います。

JIS規格サイズ表 by足と靴と健康協議会

以前履いていた
GEOXの別のパンプスより幅狭です。
GEOX(ジェオックス) 呼吸する踵小さめの歩きやすいパンプス

緩んでいるかどうかだけかと思ったら
実測靴底幅外寸は
こちらのパンプスのほうが
0.7cmも狭い!
同じサイズなのに^^;

ウィズ表記がないので
わからないけれど
ウィズサイズが違ったりするのかしら?

国によってサイズが異なるか否かは
わかりませんが
ウェッジソールはルクセンブルク
このパンプスはソウル
で、それぞれ購入しました。

元々GEOXはイタリアブランドなので
同じヨーロッパのルクセンブルクのほうが
ヨーロピアンサイズなのかな?という
気がしなくもないですが。

ソウルはソウルブランドの靴も
2ブランド、3足ほど購入したことがありますが
同じアジアでも日本より
幅狭な気がしました。

GEOXに話しを戻すと
昨日16時間ぐらい履いて
3時間ぐらい立ちっ放しだったけど
割りとイイ感じだったので
ローテーションに加えようと思います(^^)

また、GEOXは
同一モデルの息が長いみたいです。
5年前とか、3年前に購入したモデルが
未だに買えます!
日本ブランドではあり得ないけれど。

気に入ったら、追加購入ができるかも!

関連記事



【2014/10/22 23:54】 | GEOX(ジェオックス)
【タグ】 パンプス  イタリアサイズ  踵小さめ  
トラックバック(0) |
2~3年履いていなかった
GEOX(日本公式サイト)のパンプスを履いてみました。

以前このブログに何度か登場した
GEOXウェッジソールとは別の物。

GEOX D03S3V
サイズ:36
(イタリアサイズ 23.0cm相当)
ヒール:5.5cm

詳細スペックは
まだ測っていないのでまた後日。
====== 2014/10/22 追記 ========
GEOX(ジェオックス) ベルトパンプスの詳細
====== 2014/10/22 追記終了 ====

購入は5年以上前。
ソウルの免税店で購入しました。

足の病気によって
2年ぐらいヒールが履けませんでした。
回復途中で何度か
この靴にチャレンジしたものの
ヒールが辛過ぎて、玄関で断念^^;

やっとヒールが履けるまでに
回復してから約5ヶ月。
何でこの太いヒールが辛かったのか…
と思うぐらいです。

さて、肝心の履き心地。

甲の深さは浅く
指の付け根がギリギリ隠れるくらい。
これくらい浅いと
甲高の影響なく履けるので
甲高の私が好んで選んぶタイプ。

スエードで革が柔らかいので
足の内倒れ(回内足)の影響を
もろに受けて歩くと靴が笑います^^;
(=トップラインの内側部分が波打つ)

でもウィズはちょうどいい。
※普段JIS規格ウィズBを履いています。

踵も抜けることがありません。

まあ、だからこそ購入したわけですが。

以前何度もこのブログに登場した
ウェッジソールのGEOXは
履く頻度が高くなって緩くなり
足が抜けることが多くなって
今夏サヨナラしてしまいました。

この靴もそのうちスポスポ抜けるように
なってしまうのかしら?

それまでは活躍してもらいましう(^^)
関連記事



【2014/10/21 23:55】 | GEOX(ジェオックス)
【タグ】 パンプス  GEOX  イタリアサイズ  
トラックバック(0) |
スニーカーはあまり好きではありません。
足に合うものが見つからず
スニーカーを履くと靴の中で足が泳ぎ
捻挫する機会が増える^^;ので、自然と履かなくなりました。

けれど、まだ幅狭足認定を受ける前、
ウィズの概念も知らない頃に購入した
捨てられないスニーカーがあります。
かれこれ20年ぐらい持っていると思います。

当時愛読していたファッション誌の洋服提供で
毎月掲載されていたセレクトショップ。
イタリアからのインポート物を中心に扱っているショップでした。

余談ですが、私、純日本人なのに
何故か洋服も日本サイズが合わず
イタリアサイズやフランスサイズのほうが
ダーツの位置やウエスト位置がしっくり来るのです。
(これもインポート物を扱うショップで
 「あなた、洋服探すの大変でしょう?」と
  靴と同様のことを言われて幅狭足より前に自覚しました。)
つくづくJIS規格外の体型なんだと思います(>_<)

そのショップへ行った時にレザースニーカーを見つけて
試しに履いてみたところぴったり☆
感動の出会いでした。

最近、手持ちの靴を色々数値から分析していますが
ふと思い出して、靴箱の奥にしまい込んだこのスニーカーを
久しぶりに出して、実測してみました。

足長:37(イタリアサイズ。JIS23.5cm相当)
ウィズ:表記なし
実測靴幅外寸:8.7cm(JIS規格ウィズA相当?)
※JISの足幅23.5cmAで8.6cm、Bで8.9cm)
ブランド:INXERT
靴底の外寸を測る理由」をご参照ください。
素人採寸なので誤差があると思います。


レザースニーカー-4 レザースニーカー-5
レザースニーカー-6 レザースニーカー-2 レザースニーカー-1

びっくり@@ 思っていたよりずっと幅狭でした。
踵が小さく見えないのは、全体が細いのと
私の足型がしっかりついてしまった^^;せいでしょうか。
背伸びをした時の踵の動きは極々僅かです。

甲が深く、足首のすぐ下まで紐で調整できるのも
合う理由なのかもしれません。
指はしっかり動かせるだけの余裕があります。
幅が細いのと、ほぼ足首を固定できるので、前滑りはありません。

ブランド名をイタリア語でも検索してみたけれど
ヒットしませんでした。
今はもう存在しないブランドなのかもしれません。

どうしてもスニーカーを履かなければならない時は
古くてもこれを履けば大丈夫。

そんな安心感があって、履かなくなってからも
何故か捨てられず、引っ越しや断捨離のたびにも
処分対象外としていました。

最後に履いたのがいつかもわからない^^;ぐらい
履いたことがありませんけれど。

底がかなりすり減ってきたことと
底が薄くて地面からの衝撃をまともに受けて疲れるので
新しいものが欲しいと思いつつ
どうしても要るものではないので
優先順位が下がったまま現在に至ります。

経年劣化で履いた瞬間に壊れたりして(笑)
実用というより、お守り的存在です。

足に合うパンプスが見つかったら、
いずれ新しいスニーカーも欲しいと思っています。
このスニーカーよりフィットするものが見つかった時
このスニーカーにありがとう&お疲れ様と言えると思います。

2014/8/9
「靴底の外寸を測る理由」リンクを追記。


追記を閉じる▲
関連記事



【2014/06/21 21:55】 | その他
【タグ】 ウィズA  スニーカー  イタリアサイズ  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。