幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



一番直近の計測結果に合っている靴を
1足しか持ってません(>_<)
自分サイズの靴を持っていないなんて
まったくお話しになりませんね^^;

ちなみに唯一の自分サイズの靴はまだ慣らし運転中で
自分に合うかどうか結論が出ていません。

2足目を探しているのですが、これがまた難しい…

オーダーメードか、レディメード(既成品)か。
実に悩ましい選択です。

オーダーメードと言っても
フルオーダー(木型から作成)は難しく
各ブランドが持っている既成の木型から選ぶ
イージーオーダー(セミオーダー)が現実的です。

実はイージーオーダー経験は3足あります。
もう十年以上前のことです。
かねまつさんで2足
カルツェリアホソノさんで1足。
3足とも何度か調整を繰り返したものの
合わずに断念。
何度調整しても
流血なしに履くことはできませんでした(>_<)
なので、あまり履かずに処分してしまいました。

その後にかねまつさんのミススレンダーが
リニューアル(7年ぐらい前?)して私の足に近くなったので、
もっぱらかねまつさんのミススレンダーに。
価格が高くて合わないオーダー靴より、
安くて少し我慢すれば履ける既成品を選んで来たというわけです。

けれども、ミススレンダーの
次のリニューアル(3年ぐらい前?)だったのか
わかりませんが、ちょっとまた傾向が変わったような気がします。
私の足が変わったのかもしれませんが
踵が大きくてフィットしづらくなりました。

その後怪我してしばらく幅狭靴から遠ざかり
復帰しようとして今に至ります。

試着する機会を得て試してみる気になった
ショショット」さんの欲しい型は
しばらく受注をおやすみなので、すぐにはオーダーできません。
※関連記事はこちら→「Chochotte(ショショット) Adel、Brooke しばらく受注休止だそうです

アンド・ステディ」さんも薦められたのですが
試着したバレエシューズがたまたま私には合わなかったので
パンプスならどうかな?と思うのですが
ちょっとためらいがあり、かなり迷っています。

手っ取り早く海外通販…と思うのですが、
こちらはサイズ展開と
在庫の問題で難航しています(>_<)
23.0cmはUSAサイズだと5.5だと思うのですが
そもそも5.5の取扱いがなく
5.5があっても更に幅狭(Narrow、N、2A、AA表記)
との組み合わせだと商品展開が少なく
やっと見つけたと思っても
在庫がありませんだったり。
23.5cmに相当する6.0以上のサイズだと
幅狭でも色々あるのですが…。
購入時は同型で5.5と6.0の両方を
履き比べてみたいと思っています。


===== 2014/6/17訂正開始 =====
申し訳ありません。
日本語の各国サイズ記載サイトによって
サイズ表記にばらつきがあるということがわかりました。

手持ちの靴ではUS=6.5、23.5cmと併記があるものが殆どでした。
別途記事にしましたので、よろしければご覧ください。
レディース靴USAサイズの謎 どれがホント?

というわけで、USA=6が23.0cmだとしたら
Narrowサイズもそこそこ数があると思います。
===== 2014/6/17訂正終了 =====

国産でウィズCまで扱うブランドは増えて来たものの
ウィズBとなると、なかなか難しいです。

いっそフェラガモ本店でラスト(木型)オーダーしたほうが
生涯靴支出は安くて、履き心地がいいんじゃないか…と考えて
既に10年は経過しました(笑)
これ、実現するためには若ければ若いほど元が取れる計算
(庶民の考え方でスミマセン^^;)になるのですが
そんなお金は若いうちに出すのは難しいし
時間が経過すればするほど
初期費用回収時間が短くなって
割りに合わない!?とか考えちゃいます。

国内で実現するためには、まだまだ日本の靴文化が
そこまで成熟していないらしいことが
素人ながら色々調べてみてわかりました。

足の形も変わる可能性大ですし。

残念ながらしばらく海外旅行の予定もないので、
海外で靴をゲットして来るという選択肢もなく…

さて、どこでどうやって自分サイズの靴をゲットするか
どう決断するか。 そこが問題だ…

関連記事
スポンサーサイト



【2014/06/15 22:01】 | 靴探し
【タグ】 オーダーシューズ  靴探し  かねまつ  カルツェリアホソノ  ショショット  アンド・ステディ  海外通販  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。