幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何かいいブランドはないか
足に合う物はないか
考え続けているだけでは埒が明かない。
行動に移してみましょう。

本当に手当たり次第だったので(笑)
覚えているものだけ…。

デパート中心に試したので
全国のデパートで取扱いがあるかも!?

今回探したのはヒールが5.0cm前後の
通勤に使えて外回りにも耐えられる歩けるパンプス。

私の靴のサイズは
足長:23.0cmか23.5cm
ウィズ:JIS規格のB

ウィズ判断のためにメジャー持参。
自分の手持ちの靴の幅を
普段測っているので
それを目安に合いそうだったら試着。

スチュワート・ワイツマン (Stuart Weitzman)
NY発のラグジュアリーブランド。
以前、シューフィッターさんから薦められた
ブランドのひとつ。

"優秀な靴とは優美なシルエットと究極の履き心地
女性美とはまさにそこから生まれる"
がコンセプトというだけあって
履き心地もシルエットも素晴らしい☆彡

デパートではウィズ展開は特になかったようなので
USAサイズのM(=B=Average)と思われます。

サイズ36.5(23.5cm相当と36(23.0cm相当)を
履き比べた結果、36が合うみたい。

履いてみると吸い付くような履き心地。

セールで50%OFFになってたけど36は完売(>_<)
秋冬物はあったけど、当たり前ながら価格が倍。
約6万円(>_<) …海外通販か現地で買います。
いつか手に入れたい。

コールハーン (COLE HAAN)
USA発ブランド。
カウンターがしっかりしていて
こちらもシューフィッターさんお薦め。
…が、日本にはUSAサイズのM(=B=Average)しか
入っていないと聞いていました。

念の為、販売員さんに
「ウィズNは入ってないですよね?」と聞いたら
「Nって何ですか?」と聞き返されました^^;
というわけで、やはりBしか輸入していないようです。

サイズ6B(23.0cm相当)と6.5B(23.5cm相当)を
履き比べた結果、ウィズは6が合うけれど捨て寸がなく
足長は6.5が合う感じでした。
ということは、たぶん6.5N(=2A=Narrow)が
私には合うんじゃないかと想定。

やはりこちらも海外通販か
現地で買うのが良さそうです。

トッズ (Tod's)
イタリアブランド。
トッズと言えばドライビングシューズ。
以前こちらのドライビングシューズを
履いていたことがあります。

ドライビングシューズはやはり運転には向くけど
街歩きには向きません。
衝撃が直に足に伝わって来てかなり疲れます。

でも、車を運転する機会がなくなり
長時間の歩行に耐えられないとなると
使い道がなく捨ててしまいました。

今日気付いたこと。
どうやら私は本来よりひとつ下のサイズを
履いていたようです。

サイズ36.5(23.5cm相当)は足長が合うけど
幅が緩くて踵が抜けました。
36(23.0cm相当)は幅は合うけれど
捨て寸が少し足りませんでした。

以前持っていた靴は
捨て寸が他の靴よりなかったので
たぶん幅に合わせて選んで
足長が若干足りないものを
履いていたような気がします(>_<)

グッチ (GUCCI)
イタリア発。
今日見かけたけれど
試着しなかったので番外編。

こちらも以前履いていました。
自分の足が幅狭であると自覚して
割りとすぐの頃です。
たぶん私のサイズがウィズCだった頃。

甲を覆うデザインの靴だったのですが
今思えば、若干前滑りしていた気がします。
でも当時は貴重な幅狭靴だったので
ヘビロテしていました。

今日はウィズが広そうだったので
試着は避けました。

マノロ・ブラニク (Manolo Blahnik)
イギリス発ブランド
こちらも試着していないので番外編。

USA発ドラマ「SEX AND THE CITY」の
主人公キャリーが愛してやまないという設定で
一躍有名になったブランド。

私はこのドラマが大好きで
ニューヨークに行った時にはロケ地巡りをして
マノロの五番街のショップまで行ったほど(笑)
残念ながら休業日でしたが。
(我ながらミーハー・爆)

普段デパートの靴売り場に行かないので
日本のデパートで売っていることに感動(笑)

試着したかったけど、見事なまでに
内振りの靴が並んでいて
内振りの靴が合わない私は試着を断念。

ドラマやニューヨークの店舗のショーウィンドウで
見た時にはこんなに内振りばかりじゃなかったはず。
「日本人には内振りが合う」と言われているので
内振りばかり輸入???

■以前の記事 サイズ感について
USAサイズ
同一デザインサイズ違い(USAサイズ6N/6M/7N)パンプス比較

関連記事
スポンサーサイト



【2014/08/18 21:50】 | その他
【タグ】 パンプス  スチュアート・ワイツマン  コールハーン  トッズ  グッチ  マノロ・ブラニク  
トラックバック(0) |

Re: 赤い靴さん
みも
> マノロ・ブラニク!うっとり~♪
> 久し振りにサイト見ました(^^)
> ああ、もう、こういうのを見ると、コンフォートシューズが悲しくなる~(>_<)

わかりますーーー!
コンフォートシューズと比べてはいけないとわかりつつも…^^;

> スチュワート・ワイツマンは、ちゃんとウィズ表記しているのですね。
> 親切ですね(^^)
> 輸入するなら、きちんと表記されていないと不安ですもの。

アメリカは世界中で一番幅狭が多く、民族も多岐に渡るので
ウィズ展開が豊富なんだそうです。
だから、アメリカではウィズ表記のないものはないみたいです。

欧州はウィズ展開の幅がそんなにないので
(日本の感覚に近いのかも)
表記がないものもあるそうです。

> 噛みつくより、吸い付くフィットが良いですね(^^)

確かに(笑)



赤い靴
マノロ・ブラニク!うっとり~♪
久し振りにサイト見ました(^^)
ああ、もう、こういうのを見ると、コンフォートシューズが悲しくなる~(>_<)

スチュワート・ワイツマンは、ちゃんとウィズ表記しているのですね。
親切ですね(^^)
輸入するなら、きちんと表記されていないと不安ですもの。

以前、フェラガモを試着した時、噛みつく?ようなフィット感でした(笑)
踵がキュッて。

噛みつくより、吸い付くフィットが良いですね(^^)

コメントを閉じる▲
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。