幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私の足は横、内側縦、外側縦の3つのアーチが
全て落ちている(>_<)と診断されました。
開帳足と外反扁平足です。

以前の記事
&Steady(アンド・ステディ)さん Part4.テーピングとウォーキング
足裏アーチサポートのためにテーピング

最近3週間ほど、アーチサポートのための
テーピングを3本毎日しています。

1本目:横アーチをサポート。
2本目:内側縦アーチをサポート。
3本目:外側縦アーチをサポート。

私の足の不調には足底筋膜炎もあります^^;

以前の記事
幅狭足の不調 足底筋膜炎も合わない靴のせい?

…が、最近痛みが治まっています。

テーピングは
足底筋膜炎用のものではないけれど
何か効果があるのかしら?
ただの偶然かしら?

関連記事
スポンサーサイト



【2014/07/13 21:55】 | 足の状態
【タグ】 足底筋膜炎  テーピング  リハビリ  開帳足  外反扁平足  
トラックバック(0) |

Re: 足型研究員
みも
> 足型研究員さん

そうですね。テーピングは筋肉や腱の代わりになりますね。
正しい歩き方を身に着けられるよう気を付けます。


足型研究員
足型研究員
こんにちは
テーピングは筋肉の代わりだと思います。
正しい履き方と正しい歩き方が必要だと思います。
私はスーパーフィートを使ってます=疲れにくいインソールでした=お勧めできます。


コメントを閉じる▲
梅雨に入ってから登場機会が減った
1989 H.M COMFORT CLINICのコンフォートシューズ。
これから先、夏の間はデザイン的にも
機能的にも出番はますます減りそうです。
1989HM_1

理由は蒸れるから(>_<)
comfort(快適)とは別のとこいってますね。
これはソールの作りによるものなのでしょうか?
ソールはクッション性のあるものです。

怪我後のヒールを履くためのリハビリ用に
クッションのあるウェッジソールは
我ながら良い選択でした。

この靴、足指の動きを意識しやすいという点では
優れていると思います。

甲の部分のベルトですが
ベルトの金具の付け根はゴムになっています。
なので伸びたらベルトの穴を増やして
きつくしないといけないと思います。

私の靴はまだゴムが伸びるまで
履きこんでいないので大丈夫ですが
気付くとベルトが外れていたり、
浮いていたりすることがあります。

左右で合計6本のベルトがあるわけですが
いつの間にか外れてるんですよね。
曲げ伸ばしの動きで徐々にズレてしまうみたいです。

先日ふと気づいたら、
6本中5本が外れたり浮いたりしていました
ベルトが外れたら、固定する意味なしです^^;

今のところ水膨れまではいっていませんが、
皮膚が赤くなる…程度にこのベルトと甲が擦れます。
日によって擦れるのが気になる日と
気にならない日があります。

足長もウィズも私の足には大きいみたいで
前滑りするので、早く調整しなくちゃ…と
思っているのですが、なかなか重い腰があがりません。
ダメですね(>_<)

やっぱり非荷重計測時のサイズを基に
サイズを決めないとNGですね、特に開帳足の場合。

こちらのお店では開帳足と指摘されたものの
計測は荷重計測のみ(手作業計測)。
荷重計測基準でサイズを薦められますので
非荷重計測を自己申告でお願いしたほうがよさそうです。

今まで計測は10か所近くでして頂きましたが
非荷重計測があったのは2か所だけです。

私はこの靴の購入時、怪我後の初計測だったので
自分の足が緩んで幅が広がったんだと思い込んで
自己申告しませんでした。
でも開帳足は荷重しなければ幅が狭いんですよね。

この靴の調整ですが
購入店舗に持ち込むか、インソール屋さんに持ち込むか
ここでも迷っています。
定期的に行くお店がないと難しい問題です。

長年慣れ親しんだ今までのいつものブランドは
デパートの中にありました。
なので、長年お世話になったシューフィッターさんには
飛び込みでお願いできる確率が高かったのです。
でも、いつものブランドから離れたところで
靴を買うことが増えた今日この頃。

飛び込みでいつでも相談、調整して頂ける
シューフィッターさんがいないのが心細いです。

関連記事



【2014/07/01 21:52】 | 1989 H.M COMFORT CLINIC
【タグ】 コンフォートシューズ  リハビリ  踵小さめ  非荷重計測  開帳足  
トラックバック(0) |
銀座かねまつさんの機能的に文句なしのレインブーツ2足です。
■ロングブーツ
足長:23.0cm
ウィズ表記:3E
実測j靴底幅外寸:9.5cm(JIS規格 ウィズE相当)
ヒール:3cm
素材:ゴアテックス

■ショートブーツ
足長:23.0cm
ウィズ表記:3E
実測靴底幅外寸:9.5cm(JIS規格 ウィズE相当)
ヒール:3cm
素材:ゴアテックス

レインブーツ_1 レインブーツ_3 レインブーツ_4 かねまつレインブーツ足底幅外寸 レインブーツ_ボール位置_1

※実測靴底幅は一番右の写真の横幅です。素人採寸なので、誤差があると思います。
 実測のウィズはJIS規格足幅より推定しています。
 「靴底の外寸を測る理由」詳細をご参照ください。


自分がびっくりしています、今。
何がって今回この記事を書くにあたり
サイズ詳細を初めて知って(おいっ!)驚きました。
それは後ほど詳しく。

写真を見ておわかりと思いますが、この2足まったく同じものの
ロングバージョンとショートバージョンです。

最初に購入したのはロングブーツ。
雪の季節に金沢へ行くことになり
レインブーツを持っていなかったので急遽購入しました。

私は雪道が大の苦手です。
雪が積もったら家の外に出たくないです。
積雪の日は公共交通機関も事故を起こすぐらい
雪に慣れていない土地で育ったので
歩き方がわからないのです。
だからとにかく滑らない靴が欲しいと思っていました。

購入したのは怪我から1年後だったので
まだむくみもありリハビリ中。まずヒールは履けません。
そんな時にこのウェッジソールが助かりました(^^)

エナメルだと「いかにもレインブーツ」だし
革だと雨や雪が浸み込むのが心配。
このゴアテックスは昔一世を風靡した
厚底ブーツの時に見かけた素材に見た目似てる気もするけど
水には強いです。

そして雪の金沢では、雪を融かすために
道路に常に水が流れているので革だと浸み込みます。
地元の方が仰ってました。
「雪に不慣れな土地から来るお客さんはみんな革靴で
水が浸み込んで大変。地元民は冬は革靴は履かない」と。
知りませんでした~。 良かった、レインブーツ履いていて。

このブーツで雪が10cmも積もった道を歩きましたが
まったく滑りませんでした!
自信を持って歩けたので、足跡がついていない所へ自ら踏み込みました♪
こんなこと、今まで怖くてできませんでしたから最強です、このブーツの裏。
イタリアのGEOXみたいに呼吸する靴になっているので、ムレ知らず。

機能的には文句なしだけど、素材感は若干抵抗あります^^;

で、この記事の最初に戻ります。
何がびっくりしたかというと、この靴裏に「23.0 EEE」と
表記があるではありませんか!

びっくりその1。ずっと23.5cmだと思っていました^^;
びっくりその2。3Eだなんて知りませんでした^^;

3Eだったらとても歩けないのでは? 私の足の感覚っていったい何!?
自分の感覚を信じられなくなりつつ、実測してみてまたびっくり。

あれ?そんなに幅広じゃないんじゃない?
JIS靴のサイズ表 by足と靴と健康協議会」と照合してみると
実質ウィズEぐらいだと思います。

この靴を購入した頃
普段はミススレンダーのウィズBを履いていました。
でも23.5cmでは幅が広く
足が横に動いたので23.0cmを薦められ
試着の結果、23.0cmを購入…したことを
この記事を書きながら思い出しました。

ショートブーツはロングブーツの機能性に惹かれ
パンツの時にも履きたいと思い、購入しました。
その時はいつものシューフィッターさんがいらっしゃらない時に
試着もせず「同じ物のロングを履いているから」と自ら申告して
23.5cmを購入しました。
思い込みって怖いですね^^; サイズを間違って覚えてました。

なのに、今日まで気付いていない(>_<)
ショートブーツは履いていて楽なので、冬の間は普段履きにも
旅行で長時間歩く時にも履くことがあります。

素材感は気になりますが、パンツの時しか履かないので
甲しか見えないから雨や雪の時、寒い時、
旅行に何足も持って行けない時は履いてもいいことにしちゃいます^^;

厚手の靴下を履くようにしているし
ブーツは足首で止まるので、パンプスほどは幅が広くて困らないから
さほど気にならないのでしょうね。
2足を履き比べたらわかるのでしょうが、同じ日に履かないので…。

ストッキングやタイツを履く時用の中敷きも購入時に頂いたので
薄手の靴下の時は中敷きと併せて使っています。

ミススレンダーは雨用のアクアベルシリーズがあるので
パンプスやローファーも持っています。
ミススレンダーは踵が大きいのが私にとっては難点ですが
サイズが合う方には色々選べて楽しいと思います。

台風みたいな日には手持ちのブーツで問題ないのですが
もう少し普通の雨(意味通じますか?)のとき用に
甲が隠れて、幅狭で、踵小さめ、滑りにくく、オシャレな
ブーティが欲しいなぁと思う今日この頃です。

2014/8/9
「靴底の外寸を測る理由」リンクを追記。


追記を閉じる▲
関連記事



【2014/06/12 22:15】 | 銀座かねまつ
【タグ】 レインシューズ  ウィズE  かねまつ  リハビリ  アクアベル  
トラックバック(0) |
足長:36(イタリアサイズ。23.0cm相当)
ウィズ表記:なし
実測靴底幅外寸:8.5cm。実測から換算するとJISウィズA相当?
ヒール高さ:4.5cm
型番:D93M5H
GEOX D93M5H
GEOX足底幅外寸
※上の画像は↓のフランス通販サイトよりお借りしました
※「靴底の外寸を測る理由」詳細をご参照ください。
  素人採寸なので誤差があると思います。


GEOX(ジェオックス)
(レディース、メンズ、キッズ、ウェアオンラインショップあり)の靴を
最初に履いてみたのは、確か2008年ぐらいに外苑前の路面店で。
イタリアンブランドだから、サイズ感が合うかな?というのと、
呼吸をする靴」というコピーを雑誌か何かで見て惹かれたからです。

どうもしっくり来る1足に巡り合えず、その時は購入しませんでした。

この靴は2008年にルクセンブルクを旅行中セールに出会い
旅の最初だというのに突発的に(笑)
あまりの安さ(日本の半額以下)にブーツとこのパンプスを衝動買い。
免税手続きしなくちゃいけないので旅行中に履けないし、
スーツケースはいっぱいになるし…でしたが
2足とも、未だに活躍してくれています。
本当にいい買い物でした(^^)

ブランドはイタリア発ですが、靴には「MADE IN BRAZIL」と
書かれています。

日本の実店舗はまだ少ないようですが、
ソウルでも路面店、免税店を見かけました。
ヨーロッパではどこの国でも見かけるので、メジャーブランドのようです。

フランスの通販サイトでまさに同じ型の色違いが現在も売られています。
GEOX D93M5H(by botty@フランス通販サイト)
(この記事アップ現在。画像5枚あり)

同じ型番でデザインが若干違う物を日本のアマゾンでも売っていますが
ウィズ3Eって書いてあります。
型番が同じでも日本輸入版はウィズが違うのでしょうか?

だいぶくたびれて^^;いますが、実物はこちら。
裏に呼吸のための細かい穴が無数に開いているのが特長。
このボール(指の付け根の曲がる部分)幅と小さめの踵、
実測外寸幅から推測すると、日本には幅広のものも入っているかもです。
GEOX_ボール位置_1 GEOX_踵_1

購入したパンプスは最初はキツイと感じていましたが、
23.5cmではなく、23.0cmが足に合うサイズとわかった今では
この靴はサイズ感が合っているのかな?と思います。

何故なら、踵がスポスポ抜けることはないから。
幅が緩くなったと感じることはあっても
踵が抜けて困る…という感覚は、この靴に関してはないです。
踵は小さめの作りだと思います。

怪我の影響でこの靴を履けない時期が2年ぐらいありました。
ヒールを履ける足に向けてのリハビリ靴として、
このウェッジソールはかなり効果的です。
細いヒールだとバランスの狂った立ち方では
怖くて立つことすらままなりませんでした。
でも、この靴だと「怖い」と感じることはありませんから。

実は最初のうちはあんまり好きではありませんでした。
(欧米に行くと「靴買わなくちゃ!」とテンション上がっているし、
 他に行きたい所もたくさんあるし、
言葉の問題で微調整をうまく伝えられない^^;し
 エイヤッと買うことも多々あり) 
なので、あまり履いていなかったのですが、最近大活躍です(^^)

このブランドの特長である「呼吸」については
ムレなくてもちろん快適です(^^)

アマゾンでGEOXをいくつか見つけました、ウィズは未確認ですが。
ウェッジソールは履きやすそうだし
夏向けにサンダルや薄い色のパンプスもよさそう。
アンクルストラップがあると、前滑り予防になって安心ですね(^^)

ジェオックス/Geox 'Roxy' Mid Wedge Sandal (Women)/女性/レディース/シューズ/靴/サンダル


ジェオックス/Geox LUPE - Wedge sandals - black/女性/レディース/靴/シューズ/サンダル


ジェオックス/Geox 'Venere' Pump/女性/レディース/シューズ/靴


2015/6/11追記、修正
実測足底幅外寸の計測の仕方を誤っていましたので、
実測し直して、記事の該当箇所を修正、追記しました。

2014/6/14
ボール位置(ボールジョイント部)線を追加加工した画像に差し替え。

2014/8/9
「靴底の外寸を測る理由」リンクを追記。


追記を閉じる▲
関連記事



【2014/06/09 22:09】 | GEOX(ジェオックス)
【タグ】 GEOX  踵小さめ  ウィズB  リハビリ  パンプス  
トラックバック(0) |
正しい歩き方に近付けるように、できるだけ意識して歩くようになりました。

アキレス腱を伸ばすこと。
指をつかって歩くこと。

最初のうちは指を使うのが難しかったのですが、
だんだん接地する指が増えているような気がします。

私は過去に3度(理由はそれぞれ別)松葉杖生活を送りましたが
何故か怪我をする場所は足首より先です。
ちょうど蹴る時に負荷がかかる
指の骨、指の付け根の骨、付け根部分の甲が患部。

それぞれ、足先に負荷がかからない、体重がかからないように
変な歩き方をしていました。
一旦怪我をすると、骨や直接患部となった筋肉だけではなく
その周囲も炎症したりして、患部が完治しても影響が続きました。

変な歩き方は通算2年にもなります。
ふと気が付くと、今でも片方の足だけに
体重をかけて立っていることに気づきます。
こんな影響があちらこちらに出ているのでしょうか?

話しを元に戻すと、指をつかうように意識して歩くようになってから
お尻の筋肉が痛いです^^;
今まで使っていなかったということでしょうか?

これが正しいのかどうかはわかりませんが、
しばらく続けてみようと思います。
ヒップアップにも効果があったら嬉しいんだけどなぁ。

関連記事



【2014/06/04 00:09】 | 足の状態
【タグ】 歩き方  リハビリ  松葉杖生活  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。