幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



通勤にはGEOXのパンプスを。
GEOX_ベルト_4

到着してから履き替え。
Steady02_01-1.jpg

■着用開始。
新しい靴をおろす時は
ワクワクドキドキと
自然と背筋が伸びる緊張感がある。

まずはカーペット敷きの屋内で
着用開始。

履く時に靴べら必須。
ぴったりの靴を履いた時にしか出ない音
空気が抜ける「シュッ」という音が
心地いいい(^^)

試着の時にも感じたけれど
まだまだ革が硬いので
座っていて足首を上に曲げた時に
脛の一番下、足首部分に
革が刺さる感覚がある。

■着用30分後
甲高足ゆえ、甲の高さまわりのギャップを
最小限に留めるために
ウィズを本来のサイズよりワンサイズ上げ
ウィズCにしたり
外反母趾仕様にしたりと
幅は余裕がある。
詳細スペックは過去の記事
&Steady レースアップシューズのスペック

そういう意味でのフィット感
いつもジャストサイズを履いた時に感じる
ぎゅーーーーっと感は低め。
でも甲全体をホールドされる感覚あり。
気持ちいい☆

■着用2時間後
革が硬くて足首に刺さる感じはあるけど
その他は痛いところも全くなく
締め付けられて痺れる感じもなく
ホールド感が心地いいのが続いてる。

まだ、殆ど歩いてないけど^^;
ブーティタイプなので
足の倒れ方、傾け方によって
トップライン外側のくるぶしが
当たる場合があるかも。

今のところ
座って足を動かす時にしか気ならない。

カーキのフルレングスパンツとの
カラーの相性も思いの外良かった(^^)
この靴もコーデに重宝しそう。

■着用6.5時間後
すごい!
おろしたばかりの靴なのに
ずっと履いてても痛くない!
革が硬くて刺さる以外は。

棚の一番下、床と同じ高さの物を
取ろうとしゃがんだら
トップラインが足首に刺さった(>_<)

本来のサイズウィズB&非外反母趾より
幅が広い外反母趾用のウィズC
更に幅貼りまでしたおかげで
幅にはたっぷり余裕がある。
もちろん、足が動く程ではない。

私にとって問題になるのは
幅より高さ。
W載せ甲のおかげで
今のところ大丈夫。

試着段階でウィング部分が
甲に当たるかな?と思っていたところも
今のところ大丈夫。

今日はずっと座っているけれど
これで長時間屋外を歩いたらどうなるだろう?

調子に乗って!?
レースアップ2足目のデザインとか超妄想してる(笑)

次はウィズBにしたいけど
その時にどうなるかだなぁ…なんて気が早過ぎる。

■着用11時間後
初日だというのに
11時間も履いてしまった(驚)

屋内のみ着用、殆ど歩いていないとはいえ
初日でこれと言った不具合なく
丸一日履けてしまったのがすごい!!

今までは屋内で2~3時間ぐらいから始めて
3回ぐらいかけて1日着用
その後屋外で慣らしという感じだったけれど
今回は想定外に
屋外で履く日が早く訪れるかも♪

履き替えて帰宅。

関連記事
スポンサーサイト



【2014/11/24 22:28】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズC  アンド・ステディ  オーダーシューズ  外反母趾  回内足  
トラックバック(0) |
&Steadyさんにオーダーした
レースアップシューズを受け取りに行きました。

Steady02_01-1.jpg

過去の記事の続き、第4弾
&Steadyさんへオーダーレースアップシューズを受け取りに♪
&Steady レースアップシューズのスペック
右足の指が生えて来た!!

■調整前の試着
今までに履いた
他ブランドのレースアップシューズよりも
紐を締めやすい!脱ぎやすい!

何故かな?と思ったら
羽根を広げやすいからかな?

羽根の穴は全部で5つ。
紐は真ん中で一度締めて
一番上を締めると全部が締められる!

穴にはハトメがついていて
紐の滑りがいいのがポイントなのかも。

羽根が広げやすいのと
紐の滑りがいいおかげで
面倒だと思っていたレースアップだけど
脱ぎ履きが簡単で嬉しい♪

W載せ甲にも関わらず
(「&Steady レースアップシューズのスペック」参照)
羽根の部分がちょっと甲に当たる気もするけど
試着中に段々馴染んで来た。

今は革が硬いけど、徐々に柔らかくなるらしい。

■インソール調整
フットプリントを再度とって頂いた結果
(「右足の指が生えて来た!!」参照)
やっぱりこの4ヶ月で
足裏が変化していることがわかり
新しいフットプリントを基に
インソール作成して頂くことに。

インソールを入れて頂いて
試着&ウォーキングチェックを繰り返す。

ウォーキングチェックで
お褒めの言葉を頂きました\(^o^)/
1足目の&Steadyさんのパンプスは
何度も調整頂いたおかげで
手持ちの靴の中で
一番履きやすい靴に育ちました(^^)

&Steadyさんのヒールはとても安定感が高く
横揺れが酷かった私の歩き方が
最近では安定していると言われるように☆彡

1足目のパンプスも
2足目である今回のレースアップシューズも
あまり意識しなくても
指を遣って歩けるようになりました~☆
成長が感じられる(感涙)

だって、4ヶ月前は指を遣わずに
歩いていたんですもの。
いわゆる、摺り足ってやつです。
だって、靴の踵が抜けるから
蹴り返しなんてできなかったんですもの。

なかなかインソールが合わない。
なんとお伝えしたらうまく伝わるのか
とても難しい(>_<)
ホントに微妙なんですもの。

合わないって一言で言っているけれど
もちろん一般的な靴屋さんで
調整して頂くのより
もっともっと微妙な合わないです。

たぶん、普通の靴屋さんなら
もう既にOKを自分も出しているし
お店の方はもっと早くOKを出しているでしょう。

5回ぐらい?
インソール調整、試着、ウォーキングを繰り返し。

お手数かけて申し訳なくなるけど
こちらが諦めかけても
オーナーさんの諦めない姿勢に超絶感謝!
こちらもなるべくナマの声が伝わるように
言葉にする技術を磨かねば!

内倒れの酷い左足の調整が
なかなかうまくいかない。

最終的に外に行かないように
殆どのお客様に入れているという
外側への傾き防止に入れているインソールを抜く。

しっくり来た。
内倒れが酷過ぎるので
外側傾き防止は私にとっては逆効果になるみたい。

甲が当たるかもしれないので
パンプスみたいにインソールをモリモリにはせず
控えめなところから、様子を見ることに。

…とはいうものの、私にとって控えめなだけで
一般論からいうと既にモリモリ状態です^^;

この記事で全4回!(笑)にわたる
長編初レースアップシューズ受け取り物語は終了です。
お付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m

また時々履いた感じをアップしまーす☆



関連記事



【2014/11/22 21:43】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズC  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ  外反母趾  回内足  
トラックバック(0) |
&Steadyさんで
2足目のオーダーをしました~♪

1足目の出来上がりから早2ヶ月。
その間、3回の調整をしながら
私仕様に深化中(^^)

足に合った靴を履き始めると
足が変わる可能性があるから…と
2足目はまだ待ったほうがいいですよと
良心的なお薦めを頂いていましたが
やっと2足目オーダーのお許し(笑)を頂きました。

スニーカー並みに足をととのえてくれるという
レースアップシューズです。
スニーカーと違って
これなら仕事中にももちろん履けます(^^)

幅狭靴ってデザインが可愛くない
色も無難な色しかない
…そんなものが多くありませんか?

なのに55種類の革から自由に選べる
んですよ!!!
2014年秋冬の新色、出揃いました^^by&Steadyさん公式ブログ

しかもこのレースアップシューズは
2種類の革のコンビにできるんです。

事前にサイトを見て妄想膨らませていたものの
55種類の革見本を目の前にしたら
もう優柔不断大炸裂です(>_<)

だいぶ怪しい人になって途中で
「みもさん、落ち着いてください!」と
オーナーさんに声をかけられました^^;

あと10足分くらい(笑)は
脳内で組み合わせを考えていたと思います。
既に春バージョンも考えました☆

1足目の時にもかなりかなり迷い
「どんな色のボトムスにも合わせやすいもの」と
難しい課題を挙げてアドバイス頂いたのが
今まで無難な革のものしか履いたことのない
私にとって大冒険の初パイソン。
&Steady(アンド・ステディ)さん Part3.オーダーシューズのサイズ&デザイン決定

これが出来上がってみたら
とっても良かった♪
Steady_02-2.jpg

なので、今回もちょっと攻めてみました(^^)v
どんな出来上がりになるのか
不安でもあり、ワクワクいっぱいでもあり(^^)

1足目はまだ調整途中ですが
そこで私の足に対する課題が
色々わかってきたので
今回は事前にメール含めて
不安点を相談させて頂いて
解決策をご提案頂きました。

サイズは23.5cm ウィズB 踵小さめ
ここまでは前回と同じ。

今回は足の厚み分の余裕を
持たせることを考えて外反母趾用に。

普通、足が「幅狭」と言えば「甲低」が
セットになっていると思うのですが
私の場合はびっくりするほど
「甲高」なんです(T_T)

レースアップのように甲を覆う靴は
私にとって大冒険でもあるのです。

なので、既成靴だろうが
オーダー靴だろうが
ここは苦労するところなのです。

おまけに「足の障害」と言われる
数々の問題点(開帳足、回内足、内反小趾etc.)が
あれこれありますからね^^;
過去の記事
足のことを勉強できるアシックス公式サイト

そして甲高の場合は「載せ甲」と言って
木型の上に革を載せた状態で
通常よりちょっと厚みを嵩上げして造ることが
できるそうなんです。

製造部門の方ともご相談頂いての
ご提案でした。
こうしたメーカー直営ならではの
解決策をご提案頂けるところも
安心できます(^^)

代金は2足目なので計測等なく
通常パンプス+3,000円。
(レースアップは普通のパンプスより
革の分量が多いですものね)
これにパーソナルインソール代を加算で
税込36,000円でした。

10年ぐらい前にオーダーした
幅狭界の老舗?2ブランドは
いずれもインソールなしで3万円超/足でした。
3足造ったけれど、1足も合うことはなく
お店の対応も含めて残念な結果でした(T_T)
「きつい」ではなく、「痛い」って言ってるのに
理由の説明はなく「合うはずです」って。

&Steadyさんに色々説明頂いたおかげで
自分の足のこと、わかって来ました。
価格も対応も良心的で嬉しいです(^^)

出来上がりは1ヶ月後♪

関連記事



【2014/09/22 21:53】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 アンド・ステディ  オーダーシューズ  パンプス  ウィズB  踵小さめ  レースアップ  外反母趾  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。