幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



そんなに酷いわけではないけれど
両足の親指が巻き爪です。

数ヶ月に1回痛くなります。
痛くなったら、自己流で痛くなる部分の爪を
爪切りで切っておしまい。

今まで、指に力を入れて歩くと
爪が指に食い込んで
巻き爪になるんじゃないかと思っていました。

とんでもない間違い(>_<)

詳細な足診断やウォーキングレッスンで
「指をつかって歩くように」と
相次いで言われました。

指をつかう=力を入れる=爪が指に食い込むと
思い込んでいたのが、すごい勘違いと
色々調べてわかりました。

巻き爪の主な原因
・歩かない、指を使って歩かない
 (地面からの刺激が少ない)
・合わない靴
 (きつ過ぎる、ゆる過ぎるetc.)
・深爪
 (ラウンドカットよりスクエアカットが○)
・過体重(太り過ぎ、妊娠)
・遺伝
・怪我     etc.

私の巻き爪の原因は上の2つ。

以前、♂の同僚が手術しました。
いつか私もそんな日が来るのかも…と
怯えていましたが
改善策を教えて頂いて良かったです(^^)

ひとつずつ、足の改善頑張ろう。

関連記事
スポンサーサイト



【2014/08/13 22:53】 | 足の状態
【タグ】 巻き爪  ウォーキング  
トラックバック(0) |

Re: 足型研究員さん
みも
少しでもお役に立てれば幸いです。


足型研究員
足型研究員
管理人様、こんにちは
僕も巻き爪の原因を調べてました。
管理人様、素晴らしい情報をありがとうございました。

コメントを閉じる▲
前回に続いて「靴は売らない靴屋シューフィット神戸屋」さんの診断です。

こちらが機械計測の結果。
機械計測_1

実際に視て、触って、丁寧に診断くださいました。

「私は足の不具合の宝庫か!?」と思うほど色々出て来ました(>_<)
骨の模型を使いながら、ひとつずつとてもわかりやすくご説明頂きました。

■浮指(うきゆび)
あれれ?殆どの指が着地していない、見事な浮指^^;
→以前、とある通りがかりの靴屋さんでも
 機械計測をして頂いたことがあります。
 その時に初めて浮指を指摘されました。
 …が、その時よりも浮いている指が増えてる(@_@;)

■O脚
自覚ありました。

■左右の脚の長さが異なる
以前ソウルの骨気(コルギ)屋さんで骨盤矯正を受けた時に
指摘されて気付きました。

■開帳足
荷重時ウィズD、非荷重時ウィズA~B。
ここまで酷いとは思っていませんでした^^;

■回内足
足が地面に着いた時に内側に傾いて、アーチが下がった状態。
→「足底筋膜炎の原因になる」 まさにこれです!^^;

■外(反)扁平
後ろから見ると右足首が「く」の字に変形。左足首は逆。
内くるぶしのあたりが腫れている。なのでここはいつも靴に隙間ができる。
→内側の縦アーチ低下。
 「親指側に過度な負担がかかり、小指側が浮き上がる」 …まさに!

■内反小趾
小指が親指側に曲がっている。
→何それ?今回言われるまで自覚なし^^; 同時に開帳足の場合が多いそう。
 「小指に痛みを伴うタコができ、歩行困難になることも」 その通り!

■巻き爪
自覚あり。両親指に発症。時々痛くなります。

■踵やや小さい
踵が抜ける靴が多いのですが、とても小さいというわけではないので
靴のブランドを選べば大丈夫とのこと。

■足のグー
まったくできません。
世間一般の人がみんなこんなものだと思っていました(>_<)
ちゃんとできる人は手でグーをした時のように指の付け根に
ゴツゴツと骨が出るそうです。

■足のパー
こちらもイマイチ。

■外反母趾
十数年前、2Eや3Eの靴を履いていた頃は外反母趾でしたが、
ウィズCやBの靴を履くようになって自然治癒し今回は指摘なしでした。

長年足に合った靴を履いていないことが原因の不調がたくさん。
合った靴を履いていないので、足を蹴り出す歩き方ができません。
踵が抜けるから、すり足になっているそうです。
歩く時にアキレス腱を伸ばすような歩き方をすることが重要とのこと。
まずはアキレス腱伸ばした時に使う膝の下から延びる
「前脛骨筋」を鍛えないとグーができないとのこと。

道のりは長そうだけど、せっかく事実がわかったので、
少しずつ改善したいと思います。

ただ単にサイズ計測だけではなく、いろんなことを教えて頂いて
ホントに「目からウロコ」の時間を過ごすことができました(^^)
本当にありがとうございました。

関連記事



【2014/06/02 00:12】 | 計測・診断
【タグ】 シューフィット神戸屋  開帳足  内反小趾  回内足  浮き指  O脚  巻き爪  
トラックバック(0) |

お勧めブログ情報です。
足型研究員
管理人様
ブログ情報
デカ 25cmの外反母趾ブログです。

> 足型研究員さん
みも
コメントありがとうございます。

「オーバープロネーション」という言葉を初めて聞いたので、調べてみました。プロネーションは回旋や回内ということですね。

素人考えですが、私の足の不具合の原因は足に合う靴を履いていなかったのが原因だと思っています。日本にはウィズの考え方は浸透していませんし、あってもE、2E、3Eの3サイズぐらいしか知名度、認知度がないと思います。

きちんと足に合う靴を履いて普通(特定のスポーツに多くの時間を費やすとか極端でない)の生活をしていれば、それほど問題は出ないのではないかな…と。

私の外反母趾はごく初期のものだったんだと思います。それでも本人的には骨が出て来たし、歩くと骨に響く痛みがあるので困っていました。この時は24.0cmのウィズ2Eを履いていました。巷では外反母趾の原因は細く、きつい靴を履いているのが原因と言われ、足幅が細いのが原因という情報がほとんどなかった頃です。

最初にシューフィッターさんに足幅の計測をして頂いた時に外反母趾であると言われました。その時に私の足は23.5cmのウィズBかCであると診断され、大きな靴を履いていて靴の中で足が泳いでいる(=オーバープロネーションと同義だと思います)のが外反母趾の原因と指摘されました。

その後、23.5cmのウィズB~Cの靴を履いていただけです。治療もしていませんし、特別なインソールも利用したことはありません。中敷きは靴を買う時にお店で無料で調整して頂ける普通の中敷きしか利用したことはありません。

でも一朝一夕に治ったのではないと思います。5年ぐらい経った時に「あれ?そう言えば骨の出っ張りが目立たなくなって、痛みもなくなったな」と気付きました。

強いて言えば、足の指の間に入れるリラクレーショングッズを靴を脱いでいる時に時々利用したぐらいでしょうか。

私は3度の松葉杖生活を経験していまして、その度に本来のサイズの靴を履けなくなったり、患部をかばって変な歩き方が癖になったせいで今の不具合が色々出て来たんじゃないかと自己分析しています。

足型研究員さんの足幅は私と逆のお悩みですね。参考にならなくて申し訳ありません。私が言えることは「足に合ったサイズの靴を履く」これにつきます。これがかなり大変なことは身をもって感じています。

世の中色々な足幅の人がいて、それぞれに合った靴のニーズがあることを一人でも多くの方に知って頂けるようになるといいですね。

足型研究員さんの足に合う靴が見つかって、外反母趾が少しでも楽になるようお祈りしています。


足型研究員
すいません、伝いたいことがあります。
外反母趾はどうやって治したんですか。
オーバープロネーションの原因=管理人様の考え方を教えてください、お願い申し上げます。

このブログについての感想です。
足型研究員
はじめまして、私は足型研究員です。
管理人様のブログを見てすごく参考になります。
僕は素人ですが足の知識は自信があります。
僕の考え方=外反母趾とこんにゃく足はオーバープロネーションの原因かなと思ってました。
このブログを見て、驚いたことは=外反母趾が治ったことです。=管理人様、中敷を使って治ったでしょうか=僕の足はローアーチでエジプト足型のGウィズの足です=靴はニューバランスのSL2ラストの靴が合ってます。お互いに靴探しを頑張りましょう。=出来るだけ早く世間様に靴、中敷、足の良さを伝いましょう=応援をしてます、頑張ってください。

コメントを閉じる▲
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。