幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



梅雨に入って憂鬱な日が続きます。
幅狭足は歩くのが上手じゃないです。はっきり言って下手です(>_<)
…私だけじゃないですよね?

靴の中で足が泳いだり滑ったりして
踏ん張れなかったり、思わぬところでグキッといったり。

このブログの中でも何度か松葉杖生活3回について触れています。

その中の1回はマンホールに襲われたのが原因です(T_T)
雨の日でした。
…もうおわかりでしょうか?
雨の日にうっかりマンホールに乗ってしまったのです。
気を付けていたつもりだったのに。

その日はこんな形のヒールの靴を履いていました。
実際の靴は高さ2.5cm、もう少し太いヒールで
この写真のヒールよりは安定感があるものです。
ヒール_ルイ_1-1
実際に履いていたのとは違う靴ですが、同種のヒールです。
くたびれ感があり、お見苦しくてスミマセン… ちなみに写真の靴は怪我以来、一度も履いていません。
実際にコケた時に履いていた靴はその後すぐにサヨナラしました。


雨の日にこんなのを履いた自分をどうかと思うのですが
何故かその日は家を出る前に一瞬ためらったものの
ついつい履いてしまったのです、ヒールが低いから大丈夫かな?と。

マンホールに乗り上げた瞬間に左足が左側真横に滑りました(>_<)
とっさに右足で踏ん張りました!私にも瞬発力が多少あったのです\(^o^)/
…と喜んでいる場合ではなく
右足は踏ん張り切れずに、外側真横にグキッといきました(>_<)
はい、もちろん転びました。

朝の通勤途中の歩道でしたので、それはそれは恥ずかしく
さくっ!と立ち上がりましたとも。
片膝を強く打ち付けましたが、派手に地上に寝転ぶような状態ではなく
座り込んだ形で良かった、パンツを履いていて良かったと
動揺しながらも冷静に思いました。

その数十分後、激痛を抱えて出勤しました。
そして午後に入った頃に「朝より歩き方おかしいよ。大丈夫?」
心優しい何人かの同僚に声をかけられました。
やっぱりですか? 人から見てもわかっちゃいますよね?

この腫れ方、どす黒い色、過去に骨折した時の症状に似ています。
また(これで3回目)やっちゃった?

病院に行ったところ
「レントゲンでは今のところ骨の異常は写っていない。
 でもこの腫れ方と色は異常。
 もしかしたら影になって見えないところの骨に異常があるかも」
ギプスと松葉杖生活3回目(期間1ヶ月半)、その後杖生活(1ヶ月)、
むくみと痛みとの戦い2年の始まりでした。

しかもこの後紆余曲折あり
実際は骨に異常があったのではなく酷い捻挫でした。

普通はここで「ああ、良かった」となるはずが
この捻挫が引き金になり、CRPS タイプⅠ
(複合性局所疼痛症候群、RSD:反射性交感神経性ジストロフィー)

という聞き慣れない、難病指定申請中の病気にかかったのでした。

誰が悪いわけでもない、自分が悪いのですが
雨の日にマンホールに乗ってしまっただけ…です(T_T)
「踏ん張り切れなかった弱い足」が根本的な問題

幸い最初にかかった医師がこの病気のことをご存知で
早めのMRI診断でわかりました。
(この病気のことを知らない医師も多く、正しい診断をされるまでに
 数年かかる人も多いそうです。by ネット調べ)

私の場合、発症から治療開始まで僅か3週間、早期発見早期治療により
リハビリ、投薬を2年で終了することができました。

再発が怖いし、今でも時々むくみや痛みが出ることに変わりありませんが
まずは「転ばない、足を捻らない」に気を付けています。
(足以外にも発症する可能性がありますが、私の場合まずは足!)

雨の日はとにかく滑らないように
気を付けて歩く!!


当たり前のことですが、当たり前の生活を守るためにとても大切なことです。
雨の日が続きます。
皆様も充分ご注意くださいませm(__)m

関連記事
スポンサーサイト



FC2blog テーマ: - ジャンル:ファッション・ブランド

【2014/06/11 22:31】 | 足の状態
【タグ】 松葉杖生活  けが  RSD  CRPS  むくみ  
トラックバック(0) |
正しい歩き方に近付けるように、できるだけ意識して歩くようになりました。

アキレス腱を伸ばすこと。
指をつかって歩くこと。

最初のうちは指を使うのが難しかったのですが、
だんだん接地する指が増えているような気がします。

私は過去に3度(理由はそれぞれ別)松葉杖生活を送りましたが
何故か怪我をする場所は足首より先です。
ちょうど蹴る時に負荷がかかる
指の骨、指の付け根の骨、付け根部分の甲が患部。

それぞれ、足先に負荷がかからない、体重がかからないように
変な歩き方をしていました。
一旦怪我をすると、骨や直接患部となった筋肉だけではなく
その周囲も炎症したりして、患部が完治しても影響が続きました。

変な歩き方は通算2年にもなります。
ふと気が付くと、今でも片方の足だけに
体重をかけて立っていることに気づきます。
こんな影響があちらこちらに出ているのでしょうか?

話しを元に戻すと、指をつかうように意識して歩くようになってから
お尻の筋肉が痛いです^^;
今まで使っていなかったということでしょうか?

これが正しいのかどうかはわかりませんが、
しばらく続けてみようと思います。
ヒップアップにも効果があったら嬉しいんだけどなぁ。

関連記事



【2014/06/04 00:09】 | 足の状態
【タグ】 歩き方  リハビリ  松葉杖生活  
トラックバック(0) |
しばらく本来?の靴探しをお休みしていました。
元々、仕事の時の勝負靴(笑)は6cmヒール中心でした。
過去3度の松葉杖生活で、その都度ヒール生活断念。
一番最近の松葉杖生活は2年ぐらい前。
一ヶ月半の松葉杖生活後、筋肉が回復しないし、
なかなかむくみが取れなかったので、
ヒールの低い靴で、ジャストフィットより少し緩めを履いていました。
すっかり甲や足首の筋肉が弱って、
ヒールにはとても耐えられない足ができあがってました(T_T)

そろそろ、ヒール生活に戻るためのリハビリを…と考えていた矢先に
友人YちゃんからLINEが。
私もウィズAぐらいって言われた~!
 いつもどこで靴を買ってるの?」

彼女もいつも踵の抜ける大き目の靴を履いていました。
「靴、大き過ぎない?」と何度か言いましたが
私の足、幅が広いの」って言ってました。
パッと見、そうは見えないと言っても本人には響きませんでした。

彼女もまた、私と同じく怪我の後、靴選びに苦労していました。
あまりに靴が見つからないので、
ちゃんと計測してもらって判明したそうです。
やっぱりね。

彼女といろいろ話しながら、私も久々にネット検索して、
以前よりもずっと幅狭足の情報が増えている
ことに改めて気付きました。

幅狭足と言えば「甲低」がセットで付いてくる感がありますが、
Yちゃんも私もどちらかというと甲高幅狭
だからこそ、幅狭靴選びが難しいんです(涙)

これで私の長い靴探しのお休みも終わり。本気になりました。

靴探しを始めてすぐ「本気出すぞ!」と発信したところ、
友人Kちゃんから
実は私も幅狭足って言われたの」と返信が。
これまたびっくり…と共にやっぱり!
彼女もまた、いつもコンフォート系の幅広靴を履いていました。
「靴が大き過ぎるんじゃない?」と言っても、
幅が広いから狭い靴は痛くてとても履けない」
という返事が返って来ていました^^;
こちらもあまりにも合わない靴ばかりなので、
シューフィッターさんにきちんと計測してもらったそうです。
今まではウィズ2Eぐらいだと思っていたのが、
ウィズC~Dという判定だったとのこと。

やっぱり、やっぱり、仲間は多いはず!
孤独だった十数年を経て、心強い仲間をネットでもリアルでも得て
真剣な靴選び熱再燃ですっ!

関連記事



【2014/05/30 00:10】 | 計測・診断
【タグ】 計測  甲高幅狭  松葉杖生活  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。