幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



正しい歩き方に近付けるように、できるだけ意識して歩くようになりました。

アキレス腱を伸ばすこと。
指をつかって歩くこと。

最初のうちは指を使うのが難しかったのですが、
だんだん接地する指が増えているような気がします。

私は過去に3度(理由はそれぞれ別)松葉杖生活を送りましたが
何故か怪我をする場所は足首より先です。
ちょうど蹴る時に負荷がかかる
指の骨、指の付け根の骨、付け根部分の甲が患部。

それぞれ、足先に負荷がかからない、体重がかからないように
変な歩き方をしていました。
一旦怪我をすると、骨や直接患部となった筋肉だけではなく
その周囲も炎症したりして、患部が完治しても影響が続きました。

変な歩き方は通算2年にもなります。
ふと気が付くと、今でも片方の足だけに
体重をかけて立っていることに気づきます。
こんな影響があちらこちらに出ているのでしょうか?

話しを元に戻すと、指をつかうように意識して歩くようになってから
お尻の筋肉が痛いです^^;
今まで使っていなかったということでしょうか?

これが正しいのかどうかはわかりませんが、
しばらく続けてみようと思います。
ヒップアップにも効果があったら嬉しいんだけどなぁ。

関連記事
スポンサーサイト



【2014/06/04 00:09】 | 足の状態
【タグ】 歩き方  リハビリ  松葉杖生活  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。