幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



やっとの思い(おおげさ)で「まるごと&Steady」コースを
WEB予約し、
「&Steady(アンド・ステディ)さん Part1. オーダー靴への第一歩は予約フォームから」
予約当日ドキドキしながら
&Steady(アンド・ステディ)」さんへ向かいます。

サロンはビルの一室のワンルーム。
マンツーマンの状況に若干緊張気味の私。
気さくでフレンドリーなシューフィッターさんですが
人見知り(に見えないとよく言われる)な私は
沈黙が怖かったのと、
滅多にお目にかかれない幅狭の悩みを共有して下さる方と
お話しできる嬉しさの相乗効果で弾丸トークです(苦笑)

まずはヒアリングから。
事前のメールの内容
(私は足の怪我を繰り返しているので怪我のことやリハビリのこと、
ジャストフィットの靴に巡り会っていない、
そもそもジャストフィットがよくわからない、
問題大有りを自覚したので
ハイヒールを履くための筋力をつけたいetc.)を
深掘りしつつ、持参した靴のことなど。

■計測
手計測で、荷重計測と非荷重計測。
今回ももちろん荷重と非荷重の差がある開帳足の診断です。
靴のサイズは
足長:23.0cmか23.5cm
ウィズ:左B、右A、靴のウィズは大きいほうに合わせてB。

■フットプリント
・浮き指…ほとんど(7本)の指が浮いています。
・外反扁平足…踵の骨が内側に倒れ
 アーチが崩れている。
  →これは立派な病気とのこと(>_<)
・横アーチ、外側縦アーチ、内側縦アーチ
 全て落ちている(>_<)
 アーチで本来浮いているべき部分が
 ほとんど浮いていない(@_@;)
・横アーチに至っては逆アーチ。足裏指の付け根が船底状。

■足&指チェック
・踵:しっかりめ
・グー:ほとんどできません(>_<)
・踏ん張る:指の第一関節に線ができる(驚)
  →私は2~3本しか線ができません。
・XO脚:膝頭が内側を向き、ふくらはぎはつかず
 くるぶしはつく。
  →O脚の自覚はありましたがXO脚と言われたのは初めて。
    これも太腿外側と、ふくらはぎに余分な筋肉がつく原因らしい。
・利き足:右
  →利き足のほうが動きがスムーズ
・甲を真っ直ぐ床と直角にしたまま振り下ろし無理。
  →お尻の後ろが超絶痛い。
・内転筋(太腿内側)を普段使っていない。
  →太腿外側に筋肉がついている。
・普通は利き足のほうがむくみがなく、筋肉がついている。
  →私の場合、左足のほうがむくみなく、筋肉がある不思議。
・ふくらはぎは柔らかいほうがいい。
 固いのはリンパが流れていないから。
 ふくらはぎが柔らかくないと
 血液を送り出すポンプの役割ができない。

■ウォーキングチェック
・足の着地がおかしい。
 体重移動が踵→甲の外側(小指側)→親指側と
 ウェーブを描くような状態になっている。
  →これが回内足ですね。
   左右とも怪我をしたのが真ん中3本の甲側付け根。
   各々半年~1年間親指側で
   着地ができなかった時期があります。
   その時に変な癖がついた?それとも元から?
   回内足は足底腱膜炎、膝の痛み、腰の痛み、
   背中の痛みの原因の一部です。
   過去の記事→幅狭足の不調 足底筋膜炎も合わない靴のせい?   
・上体が左右に揺れる。
  →電車の中で踏ん張るのが苦手
   =指がほとんどついてないから当たり前。
   普通に歩いていても真っ直ぐ歩けない、
   ふらふらしているのは自覚あり。

3週間前に計測&診断された時に
シューフィット神戸屋さんの診断でわかった問題だらけの足状態
ダメダメ、問題大有りの足と自覚しましたが、
前回を裏付け+αの診断となりました^^;

&Steady(アンド・ステディ)さん Part3.オーダーシューズのサイズ&デザイン決定」へ続く…

関連記事
スポンサーサイト



【2014/06/26 21:56】 | 計測・診断
【タグ】 アンド・ステディ  荷重計測  非荷重計測  診断  開帳足  XO脚  回内足  外反扁平足  足底筋膜炎  ウィズB  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。