幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本気の靴探しを再開してから
計測して頂いた場所2ヶ所で
足のグー、足のパーの
診断を受けました。
5月末と6月末です。

2回とも「できていない」と
判定されました。

それが意味するのは
「歩く時に足指をつかえていない」
ということです。

足に合う靴を履いてみたり
ウォーキングを教わったり
インソールを作って頂いたり
気付いた時に指を動かしてみたり
5本指靴下を履いてみたり
テーピングしてみたり
たまーーーにウォーキングしてみたり
etc.

本格的に色々やり始めてから
1ヶ月後に気付いたのは
少しだけ5月末より
指が曲がるようになりました。

そして更に1ヶ月後。
10本の指それぞれ
1ヶ月前より角度がつくように。
両親指と両小指の第3関節が
浮き出るようになりました。

5月末までは
足指を曲げる時に
第3関節が浮き出ることすら
知りませんでした^^;

一番効果があったのは
ウォーキングレッスンと
インソールじゃないかと思います。
&Steady(アンド・ステディ)さん Part4.テーピングとウォーキング

毎日通勤途中に
歩き方を意識して歩く場所を2ヶ所
自分なりに設定しています。

数百メートルの歩道ですが
割りと人が少ないので
意識して歩きやすいです。

後はオフィス内で
席を立って移動する時とか
なるべく意識するように。

1ヶ月後はどうなっているかな?

過去の関連記事
C3fitアーチサポートソックスの履き心地

関連記事
スポンサーサイト



【2014/09/04 22:04】 | 足の状態
【タグ】 足のグー  足のパー  ウォーキング  インソール  
トラックバック(0) |
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。