幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1989HM_1

4ヶ月ぶりに履いてみました。
履かなくなった理由は
サイズ感もありますが
何より蒸れるから…。

梅雨に入って以降、
履きませんでした。履けませんでした。

秋でも1日履いていると
蒸れる時間がありました(>_<)

サイズは23.5cmの確かウィズDだったかな?
前滑りします。

甲のベルトは
やっぱり履いている間に
半分ぐらいは外れます(>_<)
意味ないし、危ないです。

これが足に合えば
旅行とか、いっぱい歩く時にも
大丈夫そうなんだけど残念。

この靴を買った時は
足の怪我と足の病気を経て
どの程度変な歩き方やetc.の悪影響が
出ているかわからず
フィット感わからない頃だったので
仕方ないです。

スポンサーサイト



【2014/11/11 21:51】 | 1989 H.M COMFORT CLINIC
【タグ】 コンフォートシューズ  
トラックバック(0) |
梅雨に入ってから登場機会が減った
1989 H.M COMFORT CLINICのコンフォートシューズ。
これから先、夏の間はデザイン的にも
機能的にも出番はますます減りそうです。
1989HM_1

理由は蒸れるから(>_<)
comfort(快適)とは別のとこいってますね。
これはソールの作りによるものなのでしょうか?
ソールはクッション性のあるものです。

怪我後のヒールを履くためのリハビリ用に
クッションのあるウェッジソールは
我ながら良い選択でした。

この靴、足指の動きを意識しやすいという点では
優れていると思います。

甲の部分のベルトですが
ベルトの金具の付け根はゴムになっています。
なので伸びたらベルトの穴を増やして
きつくしないといけないと思います。

私の靴はまだゴムが伸びるまで
履きこんでいないので大丈夫ですが
気付くとベルトが外れていたり、
浮いていたりすることがあります。

左右で合計6本のベルトがあるわけですが
いつの間にか外れてるんですよね。
曲げ伸ばしの動きで徐々にズレてしまうみたいです。

先日ふと気づいたら、
6本中5本が外れたり浮いたりしていました
ベルトが外れたら、固定する意味なしです^^;

今のところ水膨れまではいっていませんが、
皮膚が赤くなる…程度にこのベルトと甲が擦れます。
日によって擦れるのが気になる日と
気にならない日があります。

足長もウィズも私の足には大きいみたいで
前滑りするので、早く調整しなくちゃ…と
思っているのですが、なかなか重い腰があがりません。
ダメですね(>_<)

やっぱり非荷重計測時のサイズを基に
サイズを決めないとNGですね、特に開帳足の場合。

こちらのお店では開帳足と指摘されたものの
計測は荷重計測のみ(手作業計測)。
荷重計測基準でサイズを薦められますので
非荷重計測を自己申告でお願いしたほうがよさそうです。

今まで計測は10か所近くでして頂きましたが
非荷重計測があったのは2か所だけです。

私はこの靴の購入時、怪我後の初計測だったので
自分の足が緩んで幅が広がったんだと思い込んで
自己申告しませんでした。
でも開帳足は荷重しなければ幅が狭いんですよね。

この靴の調整ですが
購入店舗に持ち込むか、インソール屋さんに持ち込むか
ここでも迷っています。
定期的に行くお店がないと難しい問題です。

長年慣れ親しんだ今までのいつものブランドは
デパートの中にありました。
なので、長年お世話になったシューフィッターさんには
飛び込みでお願いできる確率が高かったのです。
でも、いつものブランドから離れたところで
靴を買うことが増えた今日この頃。

飛び込みでいつでも相談、調整して頂ける
シューフィッターさんがいないのが心細いです。




【2014/07/01 21:52】 | 1989 H.M COMFORT CLINIC
【タグ】 コンフォートシューズ  リハビリ  踵小さめ  非荷重計測  開帳足  
トラックバック(0) |
靴探し熱が再燃している時にふらっと前を通りがかったお店
1989 H.M COMFORT CLINIC
今までリサーチしたことも、入ってみたこともありません。

シューフィッターさんがいて計測してくれると書いてあったので、
久々に計測をお願いしてみる気になりました。
白衣を着たシューフィッターさん、いかにも「クリニック」な雰囲気です。

立ったまま荷重状態で計測。非荷重での計測はありませんでした。
■左
足長:22.6cm
ボールガース(ウィズ診断する足囲):22.6cm
ウエストガース(足囲。一番くびれたところ):22.6cm
■右
足長:23.4cm
ボールガース(ウィズ診断する足囲):22.4cm
ウエストガース(足囲。一番くびれたところ):22.2cm
判定は23.5cmのなんとウィズDとのこと。
並んだ数字を冷静に見ると、左足ってば寸胴^^;
参考:JIS靴のサイズ表 by足と靴と健康協議会

この時点で、過去最高に幅広と判定されました(驚)
怪我してから2年間、
むくみのせいで緩めのフラットな靴を履いていたからかな?
と半信半疑ながら自己分析。
ちなみに当日履いていた
銀座かねまつのミススレンダー、ウィズBは踵が脱げます(>_<)
かねまつはどれも踵が大きいのです。

とはいうものの、目の前の現実を見つめて、靴選び。
実はいわゆるコンフォートシューズというのは、
デザインがあまり好きじゃない^^;
でも、そろそろヒールを履ける足に戻りたいので、
まずはコンフォートシューズからリハビリしてもいいかな…と。

何足か試着して、デザインが許せる範囲^^;で、履きやすい靴を選びます。
意外だったのはフラットシューズよりもヒールのほうが楽だったこと。

選んだのはこれ。
甲に3本のベルト、それぞれ調節可。
1989HM_1

親指付け根と小指付け根を結んだ線(ボール位置)は割りと斜め。
実測靴底幅外寸は8.6cm。
※「靴底の外寸を測る理由」詳細をご参照ください

これ、不思議なんです。
JIS規格では23.5cmウィズAの足幅(靴ではなく、足)が8.6cm。
購入時と購入直後にこの靴のウィズをちゃんと確かめなかったのが
悔やまれます(>_<)
1989HM_ボール位置_1 1989HM_靴底幅-1

踵は細め。
1989HM_4

ウェッジヒール4cm。
1989HM_2

中敷きで調整して頂きました。
結構時間かかりました、いつものことですが。
楽な靴なので、旅行とか長時間履く時にもよさそう(^^)

…が!日常履いていると前に滑ります(>_<)
この日の約1ヶ月後に別のシューフィッターさんに計測して頂いた時は
足長23.0cm、空中(非荷重)ウィズB(@_@;)
この違いなのかしら?23.0cmを買っていたらどうなっていたのかしら?

ちゃんと確認はしていませんが、ウィズAやBはなさそうでした。
ウィズCはどうだったかな?
このブランドでは極狭さんたち向けの靴は見つからないかもです。


2014年6月末現在、公式サイトを見る限り
取扱ウィズはC~EEEまでのようです。

2014/6/14
ボール位置(ボールジョイント部)線を追加加工した画像に差し替え。

2014/6/28
ウィズに関する写真、コメント追記、修正。

2014/8/9
「靴底の外寸を測る理由」リンクを追記。



追記を閉じる▲



【2014/05/31 01:55】 | 1989 H.M COMFORT CLINIC
【タグ】 荷重足囲  計測  ウィズD  ボールガース  ウエストガース  かねまつ  ミススレンダー  コンフォートシューズ  リハビリ  踵小さめ  
トラックバック(0) |

Re: 足の前すべり
みも
> 大沼さん

プロの方にご覧頂けるとは光栄です(^^)

調整の件、お気遣い頂きありがとうございます。前滑りの原因は他の靴の調整結果から自分の足の特徴もわかって来て、どこをどうしたら良いかなんとなくわかっているつもりです。…が、この靴に調整の時間とお金をかけるまでの価値を現在は見出せず、そのままにしています^^; 気が向いたら市販品で自己流調整を少ししてみようかな…と思っています。

> 靴でお困りで、相当お勉強なされたご様子とお見受けしますが、参考までに、「スミスエバンズ効果」という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか?

教えてくださってありがとうございます。「スミスエバンズ効果」という言葉は初めて聞きました。…ので、ネット検索してみました。これ、実体験で体感しています。足に合う靴はなかなか見つからないので、合う靴があると同じデザインを色違いで購入することがあります。素材の革の違い、革が同じでも色によって染めの具合が違って、調整が異なるという経験を何度もしています。リピートして購入するブランドでは、型番からラストを読んで購入していますが、切り返しの位置、縫い目がどこにあるかまで気にしないと後で痛い目に遭いますね^^; ラストが違えば、足長、ウィズも変わるものだと、徐々にわかって来ました。

つい先日もシュナイダーの同一型番の同一素材、同一色を2店舗で試着させて頂きましたが、薦められたサイズが異なるという体験をしました。日によって足のコンディションも異なると思うので、こんなこともあるんだな…と思いました。

勉強…はした部分と、自らを守るために(笑)いつの間にか身に着いた部分があります。大沼さんのようなフィッターさんばかりだといいのですが、残念ながら知識のない方もいらっしゃいますので、靴の購入時は自己防衛が必須だと思っています。

> 何かの折には思い出していただけたらと思います。なお、お越しの際にはあらかじめご一報いただけましたら幸いです。

ありがとうございます。機会がございましたら、よろしくお願い致します。


足の前すべり
大沼義明
たまたま見かけたのですが、お困りの様子でしたのでコメントさせていただきます。
私は茨城県の土浦という田舎町で靴屋をやらせていただいております。他所でお求めの靴も喜んで見させていただいております。お手持ちの靴も、お持ちいただいたら原因を特定して、足の前すべりを防ぐような調整ができるかもしれません。
靴でお困りで、相当お勉強なされたご様子とお見受けしますが、参考までに、「スミスエバンズ効果」という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか?Net検索でもいろいろ出てきますが、要は数値で靴選びすることの難しさを表しているといいます。靴というものは変数が沢山ありすぎるのです。最終的には現物合わせが非常に大事です。

何かの折には思い出していただけたらと思います。なお、お越しの際にはあらかじめご一報いただけましたら幸いです。



コメントを閉じる▲
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。