幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



3ヶ月ぐらい前に購入した
A and Tの靴が前滑りするようになったので
購入したお店に行って来ました。

A&T_1

前滑りと言っても
大きく動くのではなく
何となく動いているような気がする…
というもので
踵が抜けるような状態ではありませんし
靴擦れができる状態でもありません。

お店でその旨をお伝えすると
購入時に入れて頂いた
一番薄い中敷を別の物に変更頂けるとのこと。
厚みを増して調整頂きました。

一度履いただけでほぼぴったりとなり
調整自体はさくっと終了。
無償です。

でも何となく踵がしっくりこないことを
お伝えすると
「靴と踵のカーブが合っていない」そうです(>_<)

今日お店にいらした方は
購入時にご担当頂いた方とは別の方でした。

「こちらの木型のほうが合うと思いますよ」と
示されたパンプスを履くと確かにそうかも?

そして更にもう一言。
「今履いている靴は若干木型が太い。
 だから23.0cmが履けているけれど
 本来23.5cmを調整して履いたほうがいい。
 もう少し細い木型のほうがいい。」
だそうです^^;

どちらもウィズBでした。

購入時に散々悩んで、たくさん試着して
23.5cmは緩いからと思って
こちらにしたんだけどなぁ。

詳しく足を診て頂いた直後で
お薦めサイズは23.0cmという診断でした。

足長的には23.0cmと23.5cmの
ほぼ真ん中、
でも左右のボールジョイント位置が異なり
片足の位置が22.5cm相当なので
ボールジョイントの位置を考えると
より近い23.0cmをお薦めされたのでしょう。

メーカー、ブランドによって
23.0cmだと明らかに
履けないものもあるけれど
履けてしまう場合は要注意のようです。

靴選びって本当に難しいです。

関連記事



【2014/08/28 22:36】 | A and T、ACE
【タグ】 ローファー  ウィズB  A&T  調整  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。