幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オーダーシューズの2度目の調整を経て
何度か履いてみました。
カーペット敷きの屋内で
慣らし履きで短時間、
アスファルト等の硬い地面の屋外で
数時間…等、購入当初と同様に慎重に。

Steady_02-2.jpg
過去の調整の記事
&Steady オーダーシューズ 調整1回目 痛みの原因判明
&Steady 調整2回目 自分の足の特徴を知る

Steady_16-2.jpg Steady_15-2.jpg
現在のインソールはこのモリモリ状態。

このインソール
かなり履き心地が良いです(^^)

これだけ盛ると
内倒れはかなり矯正されて
姿見で見ると
足首の傾きがかなり真っ直ぐ☆

インソールを硬いものに
変更して頂いたことにより
土踏まずをいい感じに刺激して
履いていると痛気持ちいい感じ。

つま先が今までよりも
若干外振りに感じるのも
倒れが矯正されたからでしょうか?

長時間履いていると
両足のハムストリングスが筋肉痛に。
ちゃんと筋肉を使って歩いているということ(^^)

しっかりと下半身がつかえていることを
実感できます。

…が、やっぱりトップラインの
親指付け根部分の圧迫は
なくなりません。

内倒れを抑えることにより
水膨れまではしなくなりました。
でも、まだ痛みを感じます。

今まで既成靴でも
この部分は靴擦れ、水膨れを
起こしていた部分です。

なので、今までは
指の付け根ギリギリまでしか
被らないラインの靴を選んでいました。

甲高というのは知っていましたが
思った以上に厚みのある足
ということでしょうか…^^;

トップライン甲部分以外は
革も馴染んできたし
インソールも合っていて
履き心地がいいのであと一歩。

もう一度調整が必要そうです。
つくづく厄介な足です(>_<)


関連記事



【2014/09/07 23:51】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 パンプス  ウィズB  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。