幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ベローナ黒06秋

2度目の履き慣らしで
早くも屋外で履いてみました。
…と言っても1時間程ですが。

いつになく早く履き慣らしが
終わるのでは…という期待を抱え
初めて屋外で履いてから2日後ぐらいに
意気揚々とこの靴を履いて
自宅を出ました。

1回目、2回目に感じなかった
踵の動きが気になりました。

歩き始めて通算15分後ぐらいで
早くも両方の踵に
焼けるような痛みを感じました。

でもそれから10分弱
止まって踵の状態を見たり
手当をするような
時間も場所もありません。

久し振りにかなり摺り足の
変な歩き方をしました。

素足になって
踵を確認したところ
両足に特大の水膨れ(>_<)
皮が破れる寸前です。

踵が動いてしまって
擦れたのが原因です。

2度目の履き慣らしの最後に
屋外を歩いた時には
感じなかったことです。

何故だろう?
自分なりに考えてみたところ
インソールにあるのかもしれないと
今のところ思っています。

ベローナ黒_09

回内足の内倒れを矯正するために
土踏まずの下にモリモリの調整(無償)を
して頂きました。

土踏まずを大きく持ち上げると
踵が緩む可能性がある…というのは
&Steadyさんでパンプスとスニーカーの
インソールを作成頂いた時に
言われていました。

1度目と2度目の履き慣らしで
気にならなかったのは何故か。
履く時間が長くなるにつれて
徐々に緩んだということなのか(謎)

再度短時間の履き慣らしを続けて
確認してみる必要がありそうです。


関連記事



【2014/09/11 22:08】 | パラマウント
【タグ】 パンプス  ウィズB  パラマウント  回内足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。