幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



幅狭界ではよく聞く「シュナイダー」
いつか試してみたいと思いつつ
まだ試着できていません(>_<)

…が、コメントから情報を頂いたので
わかりやすいように
独立した記事にしました。

情報ありがとうございましたm(__)m

シュナイダーby日本代理店シアンインターナショナル(日本語)
シュナイダー公式サイト@スイス(独語)

シュナイダー 2014-2015秋冬モデル ラインナップ@シュナイダー公式サイト(独語)
独語のウィズ=Weite
このページにある商品を見ると
ウィズC~Dのものだけですね。

日本の代理店、シアンインターナショナルに
問い合わせされた方から、下記情報頂きました。

なんとシュナイダーのサイズは
スロベニアの規格なんだそうです。
珍しいですね。
今までスロベニアの靴には
出会ったことがありません。

欧州では足長、幅ともに
「木型」を計測したものがサイズだそうです。

JIS規格のサイズは足長、幅ともに
木型ではなく「足」を測定したもの。

シュナイダーのサイズは
日本サイズに換算すると以下の通りだそうです。
4:足長 23.3cm
5:足長 24.0cm
6:足長 24.7cm
ウィズC:JIS規格ではウィズA~B相当

シュナイダーは
「土踏まずから踵のかけてのフィングも重視」
だそうです。

ボールジョイント重視ということでしょうか?
私の足はボールジョイントの位置が
左:22.5cm相当
右:23.0cm相当
という診断を受けています。

なので、この差を踏まえて
サイズ選びして頂けるということなのでしょうか?

いずれ、どこかで体験してみたいです!


関連記事



【2014/10/12 22:08】 | Schneider(シュナイダー)
【タグ】 シュナイダー  ウィズA  ウィズB  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。