幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



&Steadyさんで
2足目のオーダーをしました~♪

1足目の出来上がりから早2ヶ月。
その間、3回の調整をしながら
私仕様に深化中(^^)

足に合った靴を履き始めると
足が変わる可能性があるから…と
2足目はまだ待ったほうがいいですよと
良心的なお薦めを頂いていましたが
やっと2足目オーダーのお許し(笑)を頂きました。

スニーカー並みに足をととのえてくれるという
レースアップシューズです。
スニーカーと違って
これなら仕事中にももちろん履けます(^^)

幅狭靴ってデザインが可愛くない
色も無難な色しかない
…そんなものが多くありませんか?

なのに55種類の革から自由に選べる
んですよ!!!
2014年秋冬の新色、出揃いました^^by&Steadyさん公式ブログ

しかもこのレースアップシューズは
2種類の革のコンビにできるんです。

事前にサイトを見て妄想膨らませていたものの
55種類の革見本を目の前にしたら
もう優柔不断大炸裂です(>_<)

だいぶ怪しい人になって途中で
「みもさん、落ち着いてください!」と
オーナーさんに声をかけられました^^;

あと10足分くらい(笑)は
脳内で組み合わせを考えていたと思います。
既に春バージョンも考えました☆

1足目の時にもかなりかなり迷い
「どんな色のボトムスにも合わせやすいもの」と
難しい課題を挙げてアドバイス頂いたのが
今まで無難な革のものしか履いたことのない
私にとって大冒険の初パイソン。
&Steady(アンド・ステディ)さん Part3.オーダーシューズのサイズ&デザイン決定

これが出来上がってみたら
とっても良かった♪
Steady_02-2.jpg

なので、今回もちょっと攻めてみました(^^)v
どんな出来上がりになるのか
不安でもあり、ワクワクいっぱいでもあり(^^)

1足目はまだ調整途中ですが
そこで私の足に対する課題が
色々わかってきたので
今回は事前にメール含めて
不安点を相談させて頂いて
解決策をご提案頂きました。

サイズは23.5cm ウィズB 踵小さめ
ここまでは前回と同じ。

今回は足の厚み分の余裕を
持たせることを考えて外反母趾用に。

普通、足が「幅狭」と言えば「甲低」が
セットになっていると思うのですが
私の場合はびっくりするほど
「甲高」なんです(T_T)

レースアップのように甲を覆う靴は
私にとって大冒険でもあるのです。

なので、既成靴だろうが
オーダー靴だろうが
ここは苦労するところなのです。

おまけに「足の障害」と言われる
数々の問題点(開帳足、回内足、内反小趾etc.)が
あれこれありますからね^^;
過去の記事
足のことを勉強できるアシックス公式サイト

そして甲高の場合は「載せ甲」と言って
木型の上に革を載せた状態で
通常よりちょっと厚みを嵩上げして造ることが
できるそうなんです。

製造部門の方ともご相談頂いての
ご提案でした。
こうしたメーカー直営ならではの
解決策をご提案頂けるところも
安心できます(^^)

代金は2足目なので計測等なく
通常パンプス+3,000円。
(レースアップは普通のパンプスより
革の分量が多いですものね)
これにパーソナルインソール代を加算で
税込36,000円でした。

10年ぐらい前にオーダーした
幅狭界の老舗?2ブランドは
いずれもインソールなしで3万円超/足でした。
3足造ったけれど、1足も合うことはなく
お店の対応も含めて残念な結果でした(T_T)
「きつい」ではなく、「痛い」って言ってるのに
理由の説明はなく「合うはずです」って。

&Steadyさんに色々説明頂いたおかげで
自分の足のこと、わかって来ました。
価格も対応も良心的で嬉しいです(^^)

出来上がりは1ヶ月後♪

関連記事



【2014/09/22 21:53】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 アンド・ステディ  オーダーシューズ  パンプス  ウィズB  踵小さめ  レースアップ  外反母趾  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。