幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



パラマウントの直営店ポディアさんで
カラーオーダーから約3週間。
コンフォートボロネーゼ
出来上がったとご連絡を頂いたので
受け取りに行って来ました!

過去の記事
ポディアでパラマウントのコンフォートボロネーゼを試着&購入

土日祝日のいずれかで
インソール作成もお願いしたい旨を
電話でお伝えしたら
予約がいっぱいとのことで
1週間後の予約が取れました。

足長:24.0cm
ウィズ:A
実測靴底幅外寸:8.0cm
(JIS規格の24.0cm足幅はウィズA8.8cm)
ヒール:2.5cm
※「靴底の外寸を測る理由」をご参照ください。
  素人採寸なので誤差があると思います。


オーダーしたカラーはメタルブルー。
コンフォートボロネーゼ_紺_01-2 コンフォートボロネーゼ_紺_03-1 コンフォートボロネーゼ_紺_02-1
コンフォートボロネーゼ_紺_04-1 コンフォートボロネーゼ_紺_05-1 コンフォートボロネーゼ_紺_06-1

この革はコンフォートボロネーゼの
見本にはなく
8月終わりにオーダーしたので
お店にあったサンダルを見て決めた色です。

サンダルとは革の分量が全然違うので
ちょっと心配していたのですが
いい色で気に入りました♪

私の足はかなりの甲高なので
インソールを入れて
内側の高さを上げてしまうと
甲を圧迫して痛みが出る可能性があるということで
試着して店内を歩いたり
機械計測をしたりした結果、保留となりました。

今日の機械計測の結果では
前回と違って、両足に力をかけるバランスが
偏っていました(>_<)

日ごと、時間帯ごと、体調でも
異なる可能性があるとのことでした。

両足をこぶし2つ分ぐらい開いて
両手を水平に上げて
上からフィッターさんが力をかけるという
実験!?を何度かしたり、
片脚ずつで立ってみたり、
腰の位置や、膝の位置を確認したり
色々再確認となりました。

結果、私の脚は膝の位置が異なるという
新発見がありました(驚)

上から見ると、左膝のほうがかなり前に
出ていて、右膝と全然位置が違います。

利き脚は右ですが、
片脚立ちすると、左は安定、右はグラグラ。

大きな怪我をしたことがあるか聞かれたので
酷い捻挫が原因で
右足甲のCRPS(複合性局所疼痛症候群)で
2年ぐらい右足を庇って歩いていたこと、
浮腫みが酷い病気であるため
自分サイズの靴を履けずにいたこと、
自分サイズの靴が履けるようになってから
まだ4ヶ月ぐらいであること…
などをお話ししました。

病気のきっかけに関する過去の記事
雨の日は歩くのが怖い マンホールに襲われる!!

すると、その影響が出ているかも…
ということでした。
膝の前後の位置を
指摘されたのは初めてでした。

元々あったインソールに
1mm程度(微妙!!)の調整(無償)を
加えること数度。

浮き指なので靴の中で上を向いて
若干当たっていた両親指の
当たりが解消されました。

膝の位置も同じぐらいになりました(驚)

歩く時の姿勢も改善されたそうです(^^)

「インソール作成(有償)は
 革が馴染んで緩くなった頃に
 改めて考えたほうがいいでしょう」
とのことでした。

微調整頂いたおかげで
踵の動きも解消され、動かなくなったので
しばらくはこれで様子を見てみます!

関連記事



【2014/09/27 23:30】 | パラマウント
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズA  踵小さめ  オーダーシューズ  パラマウント  CRPS  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。