幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コンフォートボロネーゼ_紺_01-1

3回目の着用、長時間連続着用2回目。

今日も全く痛くない。
とっても快適な履き心地(^^)

歩いている時も
時々履く時の音
シュッって音が聞こえる。

空気が抜ける音
これが靴幅が合っている靴の印。

連続着用11~12時間後ぐらいに
あれ?と気付いたこと。

左足が靴の中で動いている!?

普段パンプスはウィズBの私の足。
でも、この靴はウィズがひとつ飛ばししかなく
ウィズBは造られていないので
足長をいつもよりワンサイズ上
24.0cmにして、ウィズAを選択。

今まで緩いとは感じたことがなかった。
「いずれ緩むよ」と
引き取りの時に言われたけど
長時間着用はまだ3回。

これは緩んだというより
体調のせいなのかしら?

本日の連続着用13.5時間。
歩いた歩数約10,000歩。
歩数を稼いだのは
殆どカーペット敷きの屋内だから
足への衝撃は少なかったはず。

けど、靴の中で足が動いたからかな。
左足甲の親指付け根と足首の
ちょうど中間あたりが
擦れて赤くなってる。

靴下で履くには余裕がないし
元々ストッキング用に合わせた靴。
もっと緩くなれば靴下用にするけれど…。

「緩んだらインソールを入れられる」とも
言われている。
(私は甲高なので、
 最初からインソールを入れると
 窮屈過ぎるという理由で。)

ちょっと様子見かな。


関連記事



【2014/10/07 23:19】 | パラマウント
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズA  踵小さめ  パラマウント  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。