幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



&Steadyさんにオーダーした
レースアップシューズを受け取りに行きました。

Steady02_01-1.jpg

過去の記事の続き、第4弾
&Steadyさんへオーダーレースアップシューズを受け取りに♪
&Steady レースアップシューズのスペック
右足の指が生えて来た!!

■調整前の試着
今までに履いた
他ブランドのレースアップシューズよりも
紐を締めやすい!脱ぎやすい!

何故かな?と思ったら
羽根を広げやすいからかな?

羽根の穴は全部で5つ。
紐は真ん中で一度締めて
一番上を締めると全部が締められる!

穴にはハトメがついていて
紐の滑りがいいのがポイントなのかも。

羽根が広げやすいのと
紐の滑りがいいおかげで
面倒だと思っていたレースアップだけど
脱ぎ履きが簡単で嬉しい♪

W載せ甲にも関わらず
(「&Steady レースアップシューズのスペック」参照)
羽根の部分がちょっと甲に当たる気もするけど
試着中に段々馴染んで来た。

今は革が硬いけど、徐々に柔らかくなるらしい。

■インソール調整
フットプリントを再度とって頂いた結果
(「右足の指が生えて来た!!」参照)
やっぱりこの4ヶ月で
足裏が変化していることがわかり
新しいフットプリントを基に
インソール作成して頂くことに。

インソールを入れて頂いて
試着&ウォーキングチェックを繰り返す。

ウォーキングチェックで
お褒めの言葉を頂きました\(^o^)/
1足目の&Steadyさんのパンプスは
何度も調整頂いたおかげで
手持ちの靴の中で
一番履きやすい靴に育ちました(^^)

&Steadyさんのヒールはとても安定感が高く
横揺れが酷かった私の歩き方が
最近では安定していると言われるように☆彡

1足目のパンプスも
2足目である今回のレースアップシューズも
あまり意識しなくても
指を遣って歩けるようになりました~☆
成長が感じられる(感涙)

だって、4ヶ月前は指を遣わずに
歩いていたんですもの。
いわゆる、摺り足ってやつです。
だって、靴の踵が抜けるから
蹴り返しなんてできなかったんですもの。

なかなかインソールが合わない。
なんとお伝えしたらうまく伝わるのか
とても難しい(>_<)
ホントに微妙なんですもの。

合わないって一言で言っているけれど
もちろん一般的な靴屋さんで
調整して頂くのより
もっともっと微妙な合わないです。

たぶん、普通の靴屋さんなら
もう既にOKを自分も出しているし
お店の方はもっと早くOKを出しているでしょう。

5回ぐらい?
インソール調整、試着、ウォーキングを繰り返し。

お手数かけて申し訳なくなるけど
こちらが諦めかけても
オーナーさんの諦めない姿勢に超絶感謝!
こちらもなるべくナマの声が伝わるように
言葉にする技術を磨かねば!

内倒れの酷い左足の調整が
なかなかうまくいかない。

最終的に外に行かないように
殆どのお客様に入れているという
外側への傾き防止に入れているインソールを抜く。

しっくり来た。
内倒れが酷過ぎるので
外側傾き防止は私にとっては逆効果になるみたい。

甲が当たるかもしれないので
パンプスみたいにインソールをモリモリにはせず
控えめなところから、様子を見ることに。

…とはいうものの、私にとって控えめなだけで
一般論からいうと既にモリモリ状態です^^;

この記事で全4回!(笑)にわたる
長編初レースアップシューズ受け取り物語は終了です。
お付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m

また時々履いた感じをアップしまーす☆



関連記事



【2014/11/22 21:43】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズC  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ  外反母趾  回内足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。