幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



着用1回目で靴擦れしてから4日後ぐらいに再チャレンジ。

通勤はGEOXを履いて、途中でAandTに履き替えてみました。
左がGEOX、右がAandTです。
GEOX D93M5H A&T_1

GEOX_踵_1 A&T_5

朝GEOXを履いてから約2時間後、AandTに履き替えました。
・靴べらなしでするっと履けた。
・甲の部分に圧迫感を感じるけれど、痛いわけじゃない。
・捨て寸部分はOK、親指を動かすことができる。
・座っているだけだけど、親指甲側付け根部分に違和感を感じる、特に右。
 このままいくと、痛みに変わる?
 これはサイズというより、デザインの問題?

履いて1時間経ちました。
・ボールより先がジンジン痺れる感じ。
 どうなることかと思ったけれど次第に弱まった。
・小指に圧迫感。
・歩く時に蹴るのが難しい=親指以外の指を使うのが難しい。

着用4.5時間。ちょっと窮屈になって来たので、脱ぐことにしました。
・今回も素足は見た目ほっそり。
・元々履いていたGEOXがパカパカ。
・GEOXの踵が脱げることはないけれど、かなり余裕ができた。

絆創膏を貼らずにA&Tを履いてしまったので、今日も靴擦れするかな?と
ドキドキしたけれど、意外にも何処も靴擦れしませんでした。

このまま徐々に慣らしていけば大丈夫になるのか
それとも痛みがどんどん歩行困難な方向へ行くのか
今の段階ではどちらとも言えません。

かと言って、何処かを調整すればいいのかということすら、
今のところわかりません。

少しずつ慣らし運転を続けて行こうと思います。

関連記事



【2014/06/10 22:27】 | A and T、ACE
【タグ】 A&T  ウィズB  踵小さめ  ローファー  開帳足  GEOX  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。