幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



通勤にはGEOXのパンプスを。
GEOX_ベルト_4

到着してから履き替え。
Steady02_01-1.jpg

■着用開始。
新しい靴をおろす時は
ワクワクドキドキと
自然と背筋が伸びる緊張感がある。

まずはカーペット敷きの屋内で
着用開始。

履く時に靴べら必須。
ぴったりの靴を履いた時にしか出ない音
空気が抜ける「シュッ」という音が
心地いいい(^^)

試着の時にも感じたけれど
まだまだ革が硬いので
座っていて足首を上に曲げた時に
脛の一番下、足首部分に
革が刺さる感覚がある。

■着用30分後
甲高足ゆえ、甲の高さまわりのギャップを
最小限に留めるために
ウィズを本来のサイズよりワンサイズ上げ
ウィズCにしたり
外反母趾仕様にしたりと
幅は余裕がある。
詳細スペックは過去の記事
&Steady レースアップシューズのスペック

そういう意味でのフィット感
いつもジャストサイズを履いた時に感じる
ぎゅーーーーっと感は低め。
でも甲全体をホールドされる感覚あり。
気持ちいい☆

■着用2時間後
革が硬くて足首に刺さる感じはあるけど
その他は痛いところも全くなく
締め付けられて痺れる感じもなく
ホールド感が心地いいのが続いてる。

まだ、殆ど歩いてないけど^^;
ブーティタイプなので
足の倒れ方、傾け方によって
トップライン外側のくるぶしが
当たる場合があるかも。

今のところ
座って足を動かす時にしか気ならない。

カーキのフルレングスパンツとの
カラーの相性も思いの外良かった(^^)
この靴もコーデに重宝しそう。

■着用6.5時間後
すごい!
おろしたばかりの靴なのに
ずっと履いてても痛くない!
革が硬くて刺さる以外は。

棚の一番下、床と同じ高さの物を
取ろうとしゃがんだら
トップラインが足首に刺さった(>_<)

本来のサイズウィズB&非外反母趾より
幅が広い外反母趾用のウィズC
更に幅貼りまでしたおかげで
幅にはたっぷり余裕がある。
もちろん、足が動く程ではない。

私にとって問題になるのは
幅より高さ。
W載せ甲のおかげで
今のところ大丈夫。

試着段階でウィング部分が
甲に当たるかな?と思っていたところも
今のところ大丈夫。

今日はずっと座っているけれど
これで長時間屋外を歩いたらどうなるだろう?

調子に乗って!?
レースアップ2足目のデザインとか超妄想してる(笑)

次はウィズBにしたいけど
その時にどうなるかだなぁ…なんて気が早過ぎる。

■着用11時間後
初日だというのに
11時間も履いてしまった(驚)

屋内のみ着用、殆ど歩いていないとはいえ
初日でこれと言った不具合なく
丸一日履けてしまったのがすごい!!

今までは屋内で2~3時間ぐらいから始めて
3回ぐらいかけて1日着用
その後屋外で慣らしという感じだったけれど
今回は想定外に
屋外で履く日が早く訪れるかも♪

履き替えて帰宅。

関連記事



【2014/11/24 22:28】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズC  アンド・ステディ  オーダーシューズ  外反母趾  回内足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。