幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以前から興味のあったブランド「シュナイダー」。
やっと試着体験することができました!

過去の記事
シュナイダー(Schneider) スイス発の幅の細い足用シューズ

赤い靴さんに予約もせず
ふらっと行きました。
たまたま空いていて、シューフィッターさんに
的確で気持ちの良い接客を頂きました(^^)

まずはヒアリングから。
普段の靴での不具合を聞かれ、
甲高ゆえトップラインの食い込みが気になる
そんなことをお伝えしました。

次に靴を脱いでざっと見て頂き、触診。
指摘されたことは…
・アーチが落ちていて扁平足。
・甲が高いですね~!
・左足の内倒れ。

そこでフットプリントをとって頂くことに。
そこまでして頂くつもりではなく、
時間がなかったので焦る(>_<)
やっぱり靴の試着は
時間的に余裕がある時じゃないとダメですね^^;

フットプリントは非荷重、荷重の順で。
右足は指が5本ありました!
左足は親指のみ^^;
(その後&Steadyさんでも
 フットプリントをとって頂きました。
 「右足の指が生えて来た!!」)
 
アーチがかなり落ちていると言われました。
はい、毎回言われて自覚あります^^;

ウィズの通知は特にありませんでした。

続いて足長計測。結果は23.5cm。
普段のサイズを聞かれました。
23.0cmと言われたこともありますが
殆どの靴が23.5cmです。

続いて足首の可動域チェック。
普通~やや悪いぐらい?

内倒れを矯正するためには
インソール必須と言われました。
…ですよね~。

踵がかなり小さいと言われました。
幅狭足さんが多く集まるお店では
「踵はしっかりしている」と言われるので
かなり新鮮(笑)。
普通の靴屋さんでは小さいと言われますが
幅狭界ではしっかりしている踵らしいです。

膝、腰の不具合を聞かれ、腰痛を申告。
足裏の不具合を聞かれ、足底筋膜炎を申告。

長くなったので、試着は次回へ続く…
シュナイダー初試着! Part.2

関連記事



【2014/11/30 22:10】 | 計測・診断
【タグ】 パンプス  ブーツ  シュナイダー  計測  フットプリント  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。