幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Steady02_01-1.jpg

お天気の関係もあり
屋内だけで履いた日が2回。
時間はいずれも12時間前後。

やっとお天気にも恵まれ
終日屋内外で履いてみました\(^o^)/

今日は外出もあり
12時間履いて、約10,000歩歩きました。

最後の2時間ぐらいは
羽根部分が甲に当たっているところが
ちょっと痛くなったけれど
それ以外は快適そのもの♪

気になることを強いて挙げれば。
普通、羽根の部分は
少し隙間が開くものだと思うのですが
私の場合
隙間を残して紐を締めると前滑りします。

足首のすぐ下の部分は
隙間がないぐらいきっちり締めて
羽根の一番下の部分は1.5~2.0cmぐらい
開いている状態です。

上下で差があるのが
甲が高い証拠ですね(笑)

階段の上り下りの際に
トップラインが足首に刺さっていたのは
革が馴染んで来てだいぶなくなって来ました。
あと少しです。

以前から
「スニーカー並みに足を整えてくれる靴が
 レースアップシューズです」と
伺っていましたが
ホールド感が心地よく
この言葉を足で実感しています(^^)

関連記事



【2014/12/05 00:03】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 レースアップシューズ  ウィズC  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。