幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



捻りやすい、つまずきやすい、転びやすい。
これ、子供の頃からずっとです。

今思えば、足に合わない靴を履いていたからだなあと
合点がいきます。
学校での上履きも、スニーカーも、いつも靴の中で
足が泳いでいました。

走るのが遅いのも、きっとそのせいでしょう(嘘)
…と冗談はおいておいて、子供の頃の足って
すごくすごく大切だと思うんですよね。

今、足に色々不調が起きているけれど、
これらはオトナになってからのものだけじゃないと思います。

子供の頃から「靴の中で軽い捻挫」はありました^^;
転ばなくても、靴の中で足が滑って足を捻っちゃうのです。
グキッと横に足が倒れるのはしょっちゅう。

中学、高校と運動部で、フットワーク練習は反復横跳びのような横移動。
よく靴の中でずるっ、グキッってなってました。
今、考えると超危険(>_<)

まだまだ日本ではウィズの概念は根付いていないものの
ここ十数年を考えただけでも、ずいぶん認知度は上がったと思います。
既成の幅狭靴も限定的ではありますが、徐々に増えてきました。
子供の頃から靴選びには、足長とウィズ(足囲)の両方から
選ばないとダメだということを教えて欲しいと思います。

「学校指定の靴」ってありますよね?
そういうものこそ、足長とウィズを豊富に揃えて
選択肢を増やすべきと思います。

最近は子供靴売り場でもシューフィッターさんが
いらっしゃる売り場が増えてきました。
ぜひ、子供の頃から足の計測や診断を受けて
正しい靴選びができるように導いてあげてください。

関連記事



FC2blog テーマ: - ジャンル:ファッション・ブランド

【2014/06/20 22:33】 | 足の状態
【タグ】 計測  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。