幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



朝、家を出る時から着用しました。
A&T_1

朝から着用するのは1回目の着用以来です。
今回の目標は「履き替えずに1日過ごす」こと、
今後の調整点、合うか合わないかの見極めが
できれば尚良いと思います。

朝玄関にて着用開始。
・靴べら使用なしで履ける。
・日中他の靴から履き替えた直後よりも、やはりきつく感じる。
・靴べらなしで履けるようになったのは靴が伸びたということ?
・1分程歩いてやはり甲のデザイン状の縫い目部分が
 擦れて痛く感じる。

着用2時間後
・両足とも前滑りしているように感じる。
・両足の踵部分に余裕がある気がする。

着用4時間後
・全身鏡の前で背伸びをしてみる。
 右足が抜けた(>_<)
 左足は若干踵に余裕があるものの、抜けるまでには至らず。
・この左右差は何故?サイズ差によるものか?

着用5時間後
・そういえば、今まで感じていたジンジンした痺れのような
 感覚は今日はない。
・今のところ、靴擦れの兆候なし。
 靴擦れが起きたのは着用1回目のみ。
 他の靴でも慣れるまで、着用3回目ぐらいまでは靴擦れしても
 その後靴擦れを起こさないという経験は何足もある。

着用10時間後
・両足の内側側面にかなりの痛み。
・歩く度に痛みを意識して他に意識を向けられない状態。
・ふくらはぎがとても痛い。
・歩きながら踵が抜けることはないけれど、
 常に緩いと感じる状態。
・とにかく早く靴を脱ぎたい!という感覚。

この靴に慣れて来て、左右のサイズ差から来る感覚の差が
顕著になって来た気がします。

■靴のサイズ
足長23.0cm
ウィズB
実測靴底幅外寸8.2cm

■足のサイズ
□左
 荷重足長23.1cm、非荷重足長22.8cm、非荷重足囲ウィズB、
 ボール位置JIS規格22.5cm相当

□右
 荷重足長23.2cm、非荷重足長23.0cm、非荷重足囲ウィズA、
 ボール位置JIS規格23.0cm相当

□今までの自分の感覚
 左足のほうが小さいから、中敷き調整を多くしなくてはならない。
 →ウィズは右のほうが狭いとわかってびっくり。自覚なし。

■推測
・この靴の購入時、左のほうが前滑りを感じたので
 左だけ一番薄い中敷きを入れた。
 →足長が左のほうが短く、ボール位置は本来22.0cm相当だから?

・慣れて来て右のほうが前滑り、踵抜けを強く感じる。
 →右のほうがウィズが狭いから?
  開帳足により、靴の幅が広がったのも影響ありそう。

・どの靴でも感じることだけれど、
 開帳足によって靴の幅が徐々に広がり、
 購入時の試着が意味がなくなっている気がする。

何をどうしたら良いのかわからない…(@_@;)

関連記事



【2014/06/22 21:33】 | A and T、ACE
【タグ】 A&T  ウィズB  ローファー  開帳足  計測  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。