幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日は10時間AandTのウィズBを履いていました。
A&T_1

今日は朝からGEOXを履いて出掛けました。
GEOX D93M5H

今まで自分のサイズは23.5cmだと
信じて疑っていなかったので
手持の靴は殆どが足長23.5cmです。

その中でGEOXは珍しく
足長23.0cm相当(イタリアサイズ36)で
踵が抜けるようなことはありません。

でも、今日は何かが違います。
フルレングスのパンツを履くことが多く
上から甲全体を見下ろす機会が少ないのですが
たまたまクロップトパンツを履いていて
久々に靴を履いた甲全体を見下ろしました。

え!? こんなにぶかぶかだったっけ?
甲回り一周、くまなく隙間が開いています^^;
いつも以上にぶかぶかに感じるのは
足の感覚だけでなく、見た目でもわかります。

着用2時間後、A&Tに履き替えました。
今度は昨日よりきつく感じます(>_<)

こうして靴ブログを書くようになって
今まで感じていたけれど
その場その場でやり過ごして来たことを
書き留めるようになりました。
足の状態ってめまぐるしく変わっているんですね。

どの状態に合わせて靴を購入すれば良いのか
調整するとしても、どの状態に合わせれば良いのか。
謎と悩みは深まるばかりです。

関連記事



【2014/06/23 22:39】 | 足の状態
【タグ】 A&T  ローファー  GEOX  パンプス  ウィズB  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。