幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「&Steady(アンド・ステディ)さん Part1.オーダー靴への第一歩は予約フォームから」
「&Steady(アンド・ステディ)さん Part2.足の計測と診断(靴チェック、指チェック)」
に引き続き「&Steady(アンド・ステディ)」さんの
「まるごと&Steady」コースのお話しです。

■テスティングシューズ
サイズはJIS規格とは少し違う
ブランドオリジナルだそうです。

いよいよ、テスティングシューズを履きます\(^o^)/
…あれ? どれもきつ過ぎる^^;
最初の足入れ体感はA and Tよりきつく感じました。
ショショットの衝撃再び。
むしろショショットより入り辛いかも?

□23.0cm ウィズB
 無理。左の小指が伸びない。履き口が当たる。

□23.5cm ウィズB
 無理。左の小指が伸びない。履き口が当たる。

□23.0cm ウィズC
 指は楽。でも履き口が当たる。

段々不安に^^; 履き口が当たる=前滑りしているとのこと。

□23.5cm ウィズB 踵小さめ
 同じ足長、同じウィズに
 踵の大きさ違いの木型がある
そうです。
 素晴らしい☆彡 こういうブランド初めてです!!!
 ※木型のヴァリエーションはウィズはAA~EEまで、
   踵普通、踵小さめ、外反母趾用があるそうです。

 これは無理だろうなぁという予測のもと、出されたようです。
 本人的にもこれ以上小さくするのは不安でした。
 …が、合う!指も動くし、履き口も当たらない!
 横から見たラインもきれいに合っているし、
 歩き方もきれいになっているとのこと。

 シューフィッターさんも私もびっくり@@

 本日の診断も、3週間前の診断も「踵は小さくはない」でした。
 でも、幅狭さん御用達でない一般的な靴売り場では
 「踵が小さい」と言われます。
 シューフィッターさんも「最近はウィズAとかAAとかの人ばかり
 見ていたせいかしら?」なんて仰ってました。
 それほどまでに幅狭足の常識って普通と違うのでしょうね。

 途中、神戸屋さんでショショットのAdel 36ウィズAが
 履けてしまったという話しをして驚かれました。
 歩いていないので、実際歩いたらどうなるかわかりませんけど。
 ↓その時の記事
 「シューフィット神戸屋さんでChochotte(ショショット)を試着

 実は、3ヶ月後自分の足がどうなっているか
 ちょっと不安です。
 これ以上狭くなったらどうしよう…

■デザイン決定
いよいよ、デザイン決定です。
予めサイトで予習して、2~3種の候補は絞っていました。
でも、楽しい!迷う(>_<) いっぱい欲しい!(笑)

A and Tが茶色なので、黒系にしようと決めていました。
真っ黒が1足はあったほうがいいよね?と思っていましたが
これだけ選択肢がたくさんあるのに勿体ないかな…と
思い始めました。

不祝儀は足に合わない布製のパンプスを式の間だけ
我慢して履きます。
(いずれ足に合う黒の布製パンプスが欲しいけれど
 日常履くパンプスのほうがもちろん優先順位高。)
秋に法事があるけど
その時も短時間だけ手持ちの靴でいいかな
…と、だんだん真っ黒から気持ちが遠ざかりました(笑)

せっかく夏だから薄い色もいいなぁ、コンビもいいなぁetc.
欲張りにもボトムスのカラーにマルチに合うもの…とか
考えちゃって考えがまとまりません^^;

「型押しは?」「考えたことないです」
今までスムースレザーかスエードがほとんどでした。
パイソンは一度も履いたことがありません。

「パイソン柄で良ければ、黒、ネイビー、ベージュ、白等
 意外とボトムスの色を選ばないですけどね」
ええええっ!?と思いつつ、合わせてみて新発見!☆彡
自分だけだと絶対浮かばない選択肢だったけど
アドバイス頂いて良かったです(^^)

というわけで、あっさり白ベースに
グレー系が混じったパイソン柄に決定(笑)
「コンビもできますよ?」とお薦めして頂いたけれど
見れば見るほど優柔不断な自分は
決められなくなることがわかっていたので
敢えて革見本はじっくり見ずに決めました。

私の足だとアーチを持ち上げるためにインソールを
モリモリに入れることになるので
インソールを上から押さえるためにも
ストラップはあったほうがいいとアドバイス頂いて、
ストラップ付きにしました。

ストラップはエナメルが伸びなくていいそうです。
なるほど。
今までストラップ付きの靴は何足履きつぶしたか
わからないくらい履いていますが
ほとんどストラップは本体と同色。
目立つのが嫌な場合も多々ありました。

…が、オーダーだとストラップの色も選べるんですね。
これも新発見。
肌とパイソンの両方に馴染むことを考慮して
グレージュにしました。

長年広ーい靴売り場に行っても
「あなたが履ける靴はこの3段。
 6型、3色から選んでください」
みたいな状況に置かれていたので
選べることにテンション上がりまくりでした(笑)

出来上がりは1ヶ月後。楽しみです♪

&Steady(アンド・ステディ)さん Part4.テーピングとウォーキング」へ続く…

関連記事



【2014/06/27 22:08】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 アンド・ステディ  オーダーシューズ  ウィズB  踵小さめ  パンプス  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。