幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「&Steady(アンド・ステディ)さん Part1.オーダー靴への第一歩は予約フォームから」
「&Steady(アンド・ステディ)さん Part2.足の計測と診断(靴チェック、指チェック)」
「&Steady(アンド・ステディ)さん Part3.オーダーシューズのサイズ&デザイン決定」
に引き続き
&Steady(アンド・ステディ)さんの
「まるごと&Steady」コースのお話しです。

オーダーシューズのサイズとデザインが決まったら
次はテーピング。
今まで足のテーピング経験は皆無です。
人生初テーピングどーなる!?

■ テーピング
私の足は横、内側縦、外側縦の3つのアーチが
全て落ちている(>_<)と診断されました。

そのアーチをサポートするためのテーピングです。

幅38mmのテーピング用テープの
幅を半分(=19mm)に切り
長さを10cmほどに切ったものを使用。
帰りに早速ドラッグストアへ直行して
↓これを買いました。

バトルウィンセラポアテープ撥水(キネシオロジーテープ) 38mm×4.5m 1ロール byAmazon



ニチバン バトルウィン キネシオロジーテープ SEHA38F 38mm×4.5m 1巻入 【05P13Jun14】 by楽天


1本目:横アーチをサポート。
2本目:内側縦アーチをサポート。
3本目:外側縦アーチをサポート。

これで本来の足の形に戻します。
足裏の真ん中が窪んだ感じです。
(ピアノを弾く時の手の甲みたい。
 丸い物を包んで持つような感じ)
足裏って窪んでるのが本来の形なんですね(驚)

さあ、立ってみます。

うわっ、浮いてる!
初めての感覚です。
歩いてみると、足が出しやすいです。

伸縮性のあるテープなので
きつめに巻いていいそうです。
この感覚、どこかで感じたような…。
怪我してる時に
包帯を巻いた時の感覚に近い気がします。
そういえば包帯をきつめに巻いた時
心地良かったです。

浮き指の場合
指が上を向いている場合があるそうです。
=親指だけ当たる、その分甲高と感じる。
アーチがあると指が下を向くので、
親指が当たるのが解消される場合があるとのこと。

私はよく親指だけ当たることがあります。
もしかして、アーチが原因!?
今後、観察してみたいと思います。

■ウォーキング
テーピングをした状態でウォーキングレッスンです。
歩く時に爪先を上げるのを忘れずに…。

不思議と腰から歩けます。
いつも歩くのが遅い私ですが、自然に足が前に出て
歩幅がいつもより広く、速く歩ける気がします。

背筋が伸びて、上体が揺れません。
さっきのチェックの時はあんなにグラグラ揺れてたのに。

アキレス腱と膝が自然に伸びて
後ろ足が地面を蹴る時指の第一関節に線ができて
踏み込む(地面を押し出す)感じになるのが
正解だそうです。

通勤時だけでも足に合わせてアーチサポート用の
インソール入りスニーカーを履いて
正しく歩く練習をするのがお薦めとのこと。

そうですよね。
スニーカーはあまり履く機会がないので
購入優先順位を下げていましたが
真剣に考えてみようかな…

関連記事



【2014/06/28 22:15】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 ウォーキング  テーピング  開帳足  外反扁平足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。