幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



靴の中で足が前滑りして指が痛い(>_<)
という経験ありませんか?

私は自分が幅狭足だと知る前は
「前滑り」すら知らなくて
つま先や指が痛い=靴のサイズが小さい
という勘違いをしていました。

シューフィッターさんに教えて頂いたことを基に
私の経験と合わせて考えると
前滑りの原因はいくつか。

■足長が大きい靴を履いている
当たり前でしょ?とお思いかもしれませんが
本当の足長を実は知らないかもしれません。
私は長年23.5cmと思って来ましたが、
最近23.0cmと知りました^^;

足囲同様、足長も荷重状態と非荷重状態
(体重をかけた時と、かけていない時=座って計測)では
長さが変わるんですね。
人によっては差が大きくなるそうです。

私の場合は下記サイズです。
左:荷重足長:23.1cm 非荷重足長:22.8cm
右:荷重足長:23.2cm 非荷重足長:23.0cm
パンプスのお薦めは23.0cm、物によっては23.5cmです。

なのに前滑りを知らなかった十数年前は
靴が小さいと思い込んでいて24.0cmを履いていたのです(>_<)

■ウィズ(足囲)の大きな靴を履いている
自分のウィズサイズを知っている人は
日本でどのくらいの割合になるのでしょうか?

日本の靴はウィズが2E以上のものしか
表記されていない場合が多いです。

ウィズがA~あるなんてことを知っている人が少ないのです。
そして2A以下がこの世に存在するというのを知っている人は
もっと限られた人になります。

ウィズがBなのに爪先が痛くなるのは
自分の足幅が広いせいだと思って
ウィズ2Eの靴を履いていた時期がありました。

私は開帳足なので、荷重時と非荷重時の
足囲の差はA~Dまであります。
左:荷重足囲:22.4cm(D) 非荷重足囲:20.9cm(B)
右:荷重足囲:22.2cm(D) 非荷重足囲:20.5cm(A)

国内のサイズ計測をしてくれる靴屋さんでも
非荷重計測をする店舗はほとんどありません。
また、非荷重計測の必要性をきちんと理解している
シューフィッターさんに巡り会ったことのある方は
恵まれた方だと思います。

それほど認知度が低いのです。

■踵の大きさが合っていない
踵の大きさを意識して靴を選んでいますか?
踵がきちんとホールドされていないと
前へ滑ってしまいます。

踵の深さは合っていますか?
私は踵が深い(=高い)靴のほうが合うようです。
惜しくも踵が浅いという理由だけで諦めた靴も多くあります。

靴の幅や甲の高さが緩いのは多少調整できます。
…が、踵が緩いのは調整不可能と思っていいそうです。

踵調整のグッズも売っていますが、本当に効くものは
ないんじゃないか?というのが私の個人的意見です。

■ボールジョイント(ボール部)が合っていない
これ、気付いている人のほうが少ないかもです。
ボールジョイント=親指の付け根と小指の付け根の
一番出っ張っている部分=ウィズを決める部分。
指が曲がる位置、蹴り返す時の位置です。

靴はボールジョイントが合っていれば
そこで止まって動きません=前滑りしません。

踵とボールジョイントでホールドすれば
前滑りしないはずです。

私は↑で書きましたが、パンプスのサイズは
足長では23.0cmです。

しかしながら、ボールジョイントの位置に
左右差があります。

私のボールジョイント位置を靴のサイズに換算すると
左:22.5cm相当 右:23.0cm相当
これは非荷重時の足長が左は22.8cmなので
その影響があるようです。

足長とウィズが合っていても(私の場合、23.0cmウィズB)
左のボールジョイントは靴のサイズだと
0.5cm分ズレるわけです。

そうすると、自分で曲がる部分に合わせて
足が滑っていくのです。

自分が幅狭足と知って十数年
踵が小さいと知って約十年
ボールジョイントの位置に左右差があると知ったのは
僅か二ヶ月前です。

■まとめ
靴のサイズ選びで意識する部分はこれだけあります。
・足長
・ウィズ
・踵の大きさ
・ボールジョイントの位置

合う靴がなかなか見つからないわけです(T_T)

自分の足にぴったりフィットする靴に
出会える可能性は限りなく低いと思うので
誰しも靴屋さんで調整をお願いすると思いますが
自分の足の特徴=調整ポイントをわかっていると
スムーズにいきそうですね。

関連記事



【2014/07/10 22:04】 | 靴探し
【タグ】 パンプス  計測  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。