幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前の記事「足長も幅も合っているのに前滑りする靴」で
ボールジョイントについて書きました。

今年の5月にボールジョイントの位置について
シューフィッターさんに伺ってから
自分なりに色々分析してみました。

いろんな靴のボールジョイントの
位置比較を続けています。

何度も登場している^^;私のサイズデータは下記の通り。
左:荷重足長:23.1cm 非荷重足長:22.8cm
右:荷重足長:23.2cm 非荷重足長:23.0cm

左:荷重足囲:22.4cm(D) 非荷重足囲:20.9cm(B)
右:荷重足囲:22.2cm(D) 非荷重足囲:20.5cm(A)

ボールジョイント位置を靴のサイズに換算すると
左:22.5cm相当
右:23.0cm相当

パンプスのお薦めは23.0cm、物によっては23.5cm
ウィズはB。

足型は人差し指が一番長いギリシャ型。
お薦めの靴のトウの形は
アーモンド型かポインテッドトウ。

ちなみに日本人に一番多いのは
親指が一番長いエジプト型で70~80%
ギリシャ型が25%、スクエア型が5%だそうです。

同一型3点_8-2 A&T_ボール位置_1 かねまつバレエシューズ_1-4 レペット2-3

画像の大きさがバラバラで見辛くてすみません。

画像の4足、私の足に合う順番に
左から並べました。

ヒールが一番高いにもかかわらず
一番前滑りせず、踵も抜けず
歩きやすいのが一番左のミススレンダーです。

私の足にはボールジョイントを結んだ線が
斜め(角度がある)のもののほうが合うそうです。

「そうです」というのはシューフィッターさんに
そう言われたからです。

実際、写真を並べてみたら証明されました。

何故か日本では靴選びで
靴底を見なさいとは
あまり言われませんね。

海外通販サイトでは8~9割は
靴底の写真も載っています。

日本だと、かねまつのオンラインショップは
靴底の写真もありますね。

上から見るとデザインでよくわからないので
裏を見て判断するのも大事だそうです。

左から
■かねまつミススレンダー
 23.5cm ウィズB
 実測靴底幅:8.3cm
 ヒール6.5cm
■A and T
 23.0cm ウィズB
 実測靴底幅:8.2cm
 ヒール3.0cm
■かねまつ インポート
 23.5cm ウィズD
 実測靴底幅:8.4cm
 ヒール3.0cm
■レペット カミーユ
 フランスサイズ38(24.0cm相当)
 ウィズ表記なし。JIS換算AA相当?
 実測靴底幅:8.6cm
 (JIS規格24.0cmウィズA足幅は8.8cm)
 ヒール3.0cm

こうしてデータを並べてみると
足長やウィズ表記もバラバラだけど
幅の実測値は思ったより近似値ですね。
(自分で内寸を測るのは難しいので
 靴底の外寸を測りました。
 JIS規格ではウィズひとつ違うと
 幅は2~3mm変わります。)

ホントは各靴のボールジョイント位置も
実測すればいいんだろうけれど
どこをどう測ったらいいのか
わかりません(>_<)

関連記事



【2014/07/11 22:36】 | 靴探し
【タグ】 ボールジョイント  パンプス  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。