幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オーダーシューズが合うか否か。
既成靴を履く時よりドキドキです。

朝はA&TのウィズBが入らなかったので
GEOXでスタート。
それだけむくみが酷いということ。

朝時間がない日に限って、
靴を履くのに時間がかかることがあります。
ホントはよろしくないとわかっていても
諦めて履きやすい靴=緩い靴で
出掛けることがあります。
日中履き替えるようにしていますけど。

Steady_02-2.jpg

カーペット敷きのオフィスで着用開始。

■着用スタート
・やっぱりきついっ(>_<)
 まったくもって入らない。何とか履いてみた。

・アッパーの親指側がやっぱり痛い。
 これは既製靴でもよくあること。
 皮が剥けないといいなぁ。
 ※本記事最後の2014/8/2追記部分参照。

・踵が刺さる。
 既製靴であればこれも避けてるかなぁ。
 踵の高さが高くて若干革が内側に入っているのは
 インソールを入れて全体が盛り上がっているからか
 革に慣れれば、自分のカーブになるから大丈夫か。

・右の小指が当たってズキズキ痛い。
 これは靴固有の理由ではなく、
 ウオノメが再発しているからか。

・全体がジンジン痺れて来た。脱ぎたいよぉ。

■3時間20分後
・初回は15分から慣らすように言われたけど
 デスクワークの日なので
 ほとんど歩くこともなく着用継続。

・いつの間にか痺れはなくなった。

・足首を曲げるとアッパーが刺さって痛い。

・よく見るとアッパーのカーブが足にあっていない。
 既製靴であれば、避けるカーブデザイン。
 ※本記事最後の2014/8/2追記部分参照。

・インソールのおかげなのか歩きやすい。

・いつの間にか小指が痛くなくなった。

・全身鏡の前でデザインを観察。
 ストラップがごつ過ぎるなぁ。
 エナメルで二重のベルクロ。
 分厚いのです。

 後ろから見るとヒールが太くて
 横から見ると薄い。
 後ろから見て華奢なほうが好きだなぁ。
 ※本記事最後の2014/8/2追記部分参照。

■david tateに履き替え
・緩く感じる。
 実測靴底幅は手持ちで一番細いはずなのに。
 &Steadyはインソール調整しているからか。

・こちらはアッパーに刺さる部分がないから楽。


オーダーシューズが合うのかどうか
判定できるのはまだまだ先…

======2014/8/2追記開始=====
1回目の調整でアッパー部分の
痛みの理由判明。

また、同時に何故ヒールが横に広いのか
理由も判明。
もちろん、ちゃんと理由があり
歩き方が改善されることにより
良さがよくわかりました。

&Steady オーダーシューズ 調整1回目 痛みの原因判明
======2014/8/2追記終了=====
関連記事



【2014/07/21 21:55】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 アンド・ステディ  パンプス  ウィズB  踵小さめ  オーダーシューズ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。