幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オーダーシューズを5回慣らし履きして
初調整にやって来ました。
この日は5回目にして
初めて丸一日履いた日です。
&Steady 着用5回目 初めて丸一日履いてみる

サロンに着いて靴を脱いだら
脱いだ時にはスゴい線がくっきり。
特に左足の親指側。

早速診断開始。

・脱いだ直後の靴は
 踵がしっとりして柔らかくなってるとのこと^^;
 トップラインと踵の靴擦れで
 かなり踏ん張ったりして汗をかいたせい?

・フットプリントから診断した
 想定以上に両足が内側に倒れて
 引っ張られている(回内足のため)。
 だから、内側に体重がかかって
 トップラインの革が足に食い込み痛くなる。

・インソールの厚みを薄くしてみた。
 歩けない(>_<)
 押し出されて自然に歩ける感覚がなくなり
 歩き辛く、指がつかえない。
 この状態ではウィズは広がっているとのこと。

 これは想定通りの反応とのこと。
 足の感覚が敏感になっているので、
 この微妙な感覚の違いに気付けるそう。
 やはり、これではウィズは広過ぎるため元に戻す。

・次の調整は踵に近い部分。
 土踏まず部分、踵に近い部分を
 下からぐっと持ち上げる。まだ少し前滑り。

・前滑りは足長のせい?と私が質問したので
 改めて23.0cmを試着させて頂く。
 23.0cmでは指が当たることを再確認。
 &Steadyさんの靴の私のサイズは23.5cm。

・私の足の癖が酷く
 想像以上の調整とのことで
 少しずつ様子を見ながら。

・もうちょっと踵部分の調整。
 前滑りがなくなって、
 ヒールが低く感じるというか
 平行に近い感覚に。
 ストラップが刺さらなくなった。
 ふんわり止めてOK。

・親指付け根甲側部分はまだ若干痛いし、
 3分履いてたら踵が緩くなった、特に左。
 これ以上一気に締めるのは
 リスクがあるということで
 一旦この状態で様子見。

・右足の親指から伸びる線は
 真っ直ぐに見える。

・左足はまだ内側に盛り上がってる。

・故意に左足を外側に力を入れて倒すと
 真っ直ぐに見える。

・トップラインのカーブが合わない靴は
 今までにも多くあった。
 甲の部分が深いものは
 合わない可能性が高いみたい。

・トップラインが痛くなるのは
 足の内倒れのせいとわかってすっきり。
 足を治せば合う靴が増えるということ。

・&Steadyさんの靴のヒールが
 横に広いのは横揺れ歩き防止のため。
 確かにこの靴を履くと
 横揺れがぴたっと止まった。

・靴の寿命のためにも
 朝むくみが酷い状態の時は
 履くのを避け
 靴幅の増減変化を少なくしたほうがいい。

・どんどん幅が締まっているとのこと(>_<)
 このままいけばウィズAまでは
 変化するのではないかとのこと。

 私は幅狭自覚が以前からあったので
 ウィズ幅変化は1サイズ程度で
 済みそうだけど
 幅狭自覚がなくウィズEとか2Eを
 履いていた人は
 正しいウィズを履き始めてから
 大体ウィズが2サイズ変化することが多い。
 早い人は1~3ヶ月で変化が現れる。

まだ調整は何度か必要になりそうです。
本人的一気にいけそうと思っても
足がびっくりしないように
慎重に調整頂けるので安心です。

今回は痛くなる理由がわかって
自分が納得できたのが一番の収穫です(^^)

関連記事



【2014/08/02 22:00】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 ウィズB  パンプス  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ  調整  回内足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。