幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



自分の手持ちの靴の幅を
客観的に比較したい。

客観的に比較するためには
数値比較しかないのではないか。

どこをどう測ればよいのか?
靴の内側を測るのは
スニーカーやローファー等
甲が深いデザインでは難しそうだし
足囲はもっと難しい…。

そんな時に見かけたのが
オークションサイトでの表現方法。

靴底(アウトソール。靴が地面に触れる部分)の
親指側の一番出っ張っている部分と
小指側の一番出っ張っている部分の
幅を測るというもの。

これなら素人にもできそうだし
誰が測っても誤差は少なそう。

david tate_4-3

実際の測り方はこんな感じ。
1.靴の踵を壁につけて置く。
2.親指側の一番出っ張っている部分に
 壁から垂直に紙を置く。
3.小指側の一番出っ張っている部分に
 壁から垂直に紙を置く。
4.上記1~3が壁と垂直であることを確認。
5.上記2と3で置いた
 紙の空間の幅を測る。
靴底外寸測り方
※この靴の場合
 小指の一番出っ張っている部分は
 ベルトの下に隠れています。

JIS規格のサイズ表にある足幅は
当然のことながら足そのものの幅。
靴で言うと靴の内側の底
=足が直接触れる部分。
JIS靴のサイズ表 by足と靴と健康協議会

内側と外側を比較するのはナンセンス。
外側のほうが幅が広いのは当然のこと。

それでもJIS比較表と照合するのは
内側より外側のほうが狭いはずだけど
中にはJIS規格の足幅より
実測した靴の外寸のほうが
狭い場合がある
から。
逆転する=JIS規格のウィズより
狭い可能性があるので。

飽くまでも可能性の話しで
「狭い」と断定はしていないつもりです。
私の表現が悪く
断定しているように読み取れたら申し訳ありません。

もちろん非荷重と荷重で幅は変動します。
私のように開帳足の場合
値の変動が大きいので
靴を選ぶ時には非荷重時かつ
テーピング等でアーチを再生したり、
クッキング用ラップで
足をぐるぐる巻きにしたりして
測るのが一番正しい幅となりそうです。

もっとも靴を選択する時には
足幅より足囲が大事です。

皆様ご存知の通り
足囲は靴内部(足が入る部分)の
幅と高さで決まるので
素人が簡単に測れるものではないと
私は思っています。

メジャーをぐるっと一周して
測ればよいのでしょうが
靴底の外寸を測るよりも
誤差が生じると思うのです。

靴選びはとにかく大変です。
以前こちらの記事でも書きましたが
足長も幅も合っているのに前滑りする靴
・足長
・ウィズ
・踵の大きさ
・ボールジョイントの位置
この4点+αが合わないと
ぴったりとは言えません。

縁あって、うちの子になった靴たちの
いいところ、悪いところを比較して
次に進みたいのです。

そのためには我流ではあるけれど
数値として比較できる材料が
あっても良いのではないでしょうか?

というわけで
靴のプロから見たら邪道かもしれませんが
私は実測を続けようと思っています。

関連記事



【2014/08/03 21:52】 | 靴探し
【タグ】 計測  ウィズ  
トラックバック(0) |

Re: 靴底測っています(^^)
みも
> 赤い靴さん

おーーー!! 仲間がいたーーー\(^o^)/

そうですよね。
靴底を測るのが一番わかりやすいですよね(^^)

実際は高さとの組み合わせになりますが
時々びっくりするくらい細い靴底に出会って
(と言っても、自分の靴・笑)
びっくりします。

赤い靴さんは私よりも細幅だから、
びっくりする数値ばかりになりそうですね^^;

感覚よりも、数値のほうが安心できますよね。
体調なんかによって浮腫み方も違いますし。
客観的になればホントに冷静に
「合わないからやめるべき」って
もう一人の自分が言ってくれますよね(^^)


靴底測っています(^^)
赤い靴
足が浮腫みやすいので、靴を買うとき、
実際よりも大きいものを買って失敗することが多かったのです。

それを、どうしたらいいだろうかと考えていて、
靴底を測ればいいんじゃない?と思いつきました。

手持ちの靴で、フィット感が良いものの数値を覚えておいて、
売り場でメジャーで測る!(笑)

おかしな客になっていますけれど(^^;)

売り場で測ってみると、大きいものばかりで買えませんね。
でも、無駄な出費が減って良かったと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 靴底測っています(^^)
> 赤い靴さん

おーーー!! 仲間がいたーーー\(^o^)/

そうですよね。
靴底を測るのが一番わかりやすいですよね(^^)

実際は高さとの組み合わせになりますが
時々びっくりするくらい細い靴底に出会って
(と言っても、自分の靴・笑)
びっくりします。

赤い靴さんは私よりも細幅だから、
びっくりする数値ばかりになりそうですね^^;

感覚よりも、数値のほうが安心できますよね。
体調なんかによって浮腫み方も違いますし。
客観的になればホントに冷静に
「合わないからやめるべき」って
もう一人の自分が言ってくれますよね(^^)
2014/08/05(Tue) 22:50 | URL  | みも #-[ 編集]
靴底測っています(^^)
足が浮腫みやすいので、靴を買うとき、
実際よりも大きいものを買って失敗することが多かったのです。

それを、どうしたらいいだろうかと考えていて、
靴底を測ればいいんじゃない?と思いつきました。

手持ちの靴で、フィット感が良いものの数値を覚えておいて、
売り場でメジャーで測る!(笑)

おかしな客になっていますけれど(^^;)

売り場で測ってみると、大きいものばかりで買えませんね。
でも、無駄な出費が減って良かったと思っています。
2014/08/05(Tue) 15:57 | URL  | 赤い靴 #ddfDJePk[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。