幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Steady_02-2.jpg

■朝
・調整後1回目着用時に
 両足トップラインと両足踵に
 水膨れができた。
 特に左のトップラインが酷い。

・調整後2回目着用時から
 絆創膏でトップライン部分を
 予め保護して着用。
 この時は着用時間が12時間ぐらいあって
 かなり歩いた日だったけれど
 これでまあまあ乗り切れた。

・今日は踵の靴擦れ防止=動きを抑えるために
 最初からストラップをきつめに締める。
 (凸部と凹部の差を1cm程度)

・踵も若干不安があるので
 今日は最初から両足のトップラインと踵に
 絆創膏を貼って完全防備で臨む。

・靴べらを使って着用開始。
 窮屈でトップラインに貼った絆創膏が
 全て見えるぐらいまでしか足が入らない。

・30秒程歩くと
 絆創膏が隠れる程度まで足入れ完了。

■着用2.5時間後
・両トップラインは痛いけれど
 我慢できない痛みではない。

・足に馴染んで来て気持ちいい。

・今日は今までよりも
 両足とも、中指、薬指をつかえてる気がする。

■着用7時間後
・外出したので、まあまあ歩いた。
 ストラップがきついので
 ストラップ周囲が痛い。

・足裏がジンジンして来た。

・土踏まず部分のインソールが
 土踏まずを指圧みたいに押してくれて
 気持ちいい。

・ジンジンするので30分程脱いで
 また着用。

■着用10時間後
・トップライン、ストラップの当たる部分
 いずれも違和感がある(=当たっている感)は
 あるものの、痛みはない。

■着用11時間後
・不思議と違和感も痛みもなくなった。
 このままいってくれれば、
 心地いいんだけどなあ。

■着用15時間後
・やっぱり歩く時間が長くなると
 トップラインの痛みは両方ともある。
 でも、我慢できないというほどではない。

・残念ながらトップラインは
 絆創膏貼ってても
 水膨れはできた(>_<)

あと一歩のところまで来てる気がする。
もう一度調整が必要かな?

回内足が治れば内倒れがなくて
ちゃんと履けるんだろうけれど
少しずつ歩き方改善していこう。

関連記事



【2014/08/11 22:46】 | &Steady(アンド・ステディ)
【タグ】 ウィズB  パンプス  踵小さめ  アンド・ステディ  オーダーシューズ  回内足  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。