幅の細い足にジャストフィットの靴を求めてさまよう靴ジプシーの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アクアベル_黒_ポインテッド_01-1

■朝
・靴べらを使って履く。

・&Steadyの靴でできた
 トップラインの親指から内側に向かって
 カーブを描く靴擦れのラインが
 全部見える
 =履き口が浅い。

・踵の高さが若干低いかな?

・購入時に店舗内を10分ぐらい歩いて
 その後30分ぐらいかけて
 微調整を頂いたもの。
 両足に調整が入っている。

・歩き辛い。パーソナルインソールの
 靴に慣れてしまったかも。
 ローリングがし辛くて、
 外側の指を使い辛い。

■着用30分後
・靴べらを使わずに脱ぎ履きできる^^;

・アッパーの内側側面が低い。
 以前、同じくらいの高さの靴を履いた時に
 どうしても気になって履けなかった。
 合わないと感じた靴の素材はエナメル。
 硬い素材で気になったということだろうか。
 この靴も浅いけれど、さほど気にならない。

■着用2時間後
・右足踵内側に靴擦れ発生。
 &Steadyの場合踵の靴擦れは真後ろだけど
 かねまつの場合内側。
 他のかねまつの靴でもこの場所にできることが多い。
 とりあえず絆創膏を貼ってみた。
 左足はまだ大丈夫。

■着用9時間後
・ギブアップ。履き替え。
 履き口部分が痛いと思ったら
 元からある水膨れ痕の内側に
 新しい水膨れができていた(>_<)

・若干前滑りしているような気がする。

■休憩4時間の後着用1時間
・履き口の新しくできた水膨れに
 絆創膏を貼る。

・再度履いてみる。
 歩けなくはないから履いて歩くことに。

・ぴったりだった踵はちょっと緩いかな。
 アッパーは全体的に少し緩くなったような。

初日からこれだけ長時間履けるということは
それだけ緩いということかな。
ぎゅーーーーっと感は最初からないし。

他のミススレンダーに比べたら
踵の大きさは若干小さめ。
履き慣れた後、どう感じるか…。

関連記事



【2014/08/14 21:54】 | 銀座かねまつ
【タグ】 ウィズB  パンプス  かねまつ  ミススレンダー  アクアベル  レインシューズ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「幅狭足の靴ジプシー記」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。